クイズ:シグの500のコト

『シグをもっと知りたい!シグの500のコト!』

『第一問!「シグの最近マイブームは?」』

アミティ「え?」

アルル「何 これ? 特に 何の前触れもなく始まったけど」

りんご「『皆さんご存知の』みたいな感じに来られても困りますよね」

ラフィーナ「そもそも誰が問題出してますの?;これ」

『あ、私です。リデルです』

クルーク「色々聞きたいことが山ほどあるんだけど、まず キューじゃなくて小話なの?ここに来て」

りんご「聞く所によると、リデルによる持ち込み企画らしいですよ。どうしてもやりたいって、レイくんに大金を積んで開催したらしいです」

アルル「まぁ、あれだよね。俗にいう所のパクリ企画だよね」

リデル『パクリじゃないです!;リスペクトです!オマージュです!』

アミティ「あたしとしては結構楽しめそうな企画だからまぁいいけど、なぜリデルが……;」

リデル『私も含めてですけど、皆さんシグくんのこと実はあんまり知りませんよね?』

ラフィーナ「まぁ、シグですからね……;」

リデル『ですからこの機会に、皆でシグくんのことをもっと知りたいな~って思って』

アルル「確かに、言われてみればボクたちシグについてあんまり知らないよねぇ」

りんご「ですね。なんなら名字も知りませんし」

アミティ「それは魔導学校組全員そうでしょ!;」



アルル「えーと、とりあえず書けばいいの?『マイブーム』かぁ……;」カキカキ

アミティ「『ムシとり』って書きたい所だけど、マイブームっていうとちょっと違うよねぇ。最近ハマってるものだから」カキカキ

りんご「難しいとこですねー。アンチクショウ、普段の生態が不明すぎますから」カキカキ

ラフィーナ「にしても、シグはよくこの企画を引き受けましたわね」カキカキ

クルーク「ムシで釣られたんじゃない?シグってムシのためなら大抵のことはできるからね」カキカキ

りんご「とは言っても、私がムシで釣ってシグと一夜を過ごそうとしなんでもないです」

アミティ「りんご、キミには後で大事な話があるよ」



リデル『書けましたか?それでは、回答オープン!』


アミティ【寝ること】 アルル【インターネット】 りんご【ベッドの上で身体のいろんなところを触る】
ラフィーナ【わからない】 クルーク【読書】


アルル「大丈夫?約一名、ただの狂人が紛れ込んでいるけど」

りんご「いーや!これは当たりますよ!考えてもみなさい、シグは今まさに思春期真っ盛り!そしてプリンプはなんだかんだ女性人口多め!これで勤しんでなかったらフェイクってもんDEATH」

クルーク「百歩譲ってそうだったとしても、この場で言うわけないだろ!:」

アミティ「あ~、でもラフィーナが正解っぽいねこれ!シグなら『マイブーム』って言葉すら知らないかも」

ラフィーナ「そう思いますわ。知ってたとしても『特にない』って言いそうですわよね」

リデル『それでは正解の発表です!』


リデル「シグくんのマイブームはなんですか?」

シグ「マイブーム?えーと……さんぽ」

正解【散歩】


デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)




アルル「『散歩』て!;おじいちゃんか!!;」

アミティ「あー!!;でもこれ当てられたよあたしたち!シグのテーマ曲『散歩の途中で』だったじゃん!くそぉ!」ガンッ

りんご「アミティ、よくこのクイズにマジになれますね……;あと499問続くとか正直帰りたいDEATH」

リデル『あ、言い忘れてましたけど、最も正解数が多かった人にはあとでご褒美があります!』

りんご「Σよっしゃガチで行くぞ私は!;力を貸してくれ伊沢タクシーさん!みんはやレートS+の実力を見せてやるDEATH!」ダンッ

アミティ「Σ急に変貌しすぎでしょ!;シグからどんなご褒美をもらうつもり!?」

りんご「そりゃあ、八尋●ち氏も引くくらいのあまあまスイート時間ボールペンですよ」

アミティ「マジな作家名を出すな!;あたしだってご褒美と聞いちゃ負けらんないよ!本気でやっちゃる!」ガシッ



リデル『では第2問!【シグの好きな食べものは?】』


アミティ「食べ物か~!;何が好きなんだろう……なんとなく甘いモノはあんまり好きじゃなさそうかな」カキカキ

アルル「言っても男の子だからねぇ。多分このへんで……」カキカキ


回答:
アミティ【あられ】 アルル【カレー】 りんご【フォンダンショコラ】 ラフィーナ【ムシ】 クルーク【唐揚げ】


アミティ「ラフィーナ 思考停止しすぎでしょ」

ラフィーナ「だ、だってわからないんですもの!;」

アルル「りんごはなんでフォンダンショコラなの?シグってあんまりお菓子とか食べなさそうだけど」

りんご「甘い!フォンダンショコラより甘い!2016年にぷよクエカフェで『くろいシグのフォンダンショコラ』なるメニューが出されていたのをご存知ない!?」

アルル「知らないよ!;あとそれは多分シグの味覚とはあんまり関係ないよ!;くろいシグだし」

リデル『それでは正解の発表です!』


リデル「シグくんの好きな食べ物は?」

シグ「え、すきな……うーん……。おもち」

正解【お餅】


アルル「ドラえもんか」

アミティ「あぁー惜しいぃぃ!;材料は合ってたんじゃん!;加工の仕方間違えたぁ!」

りんご「今の所、シグの回答は『散歩』と『餅』なんですが、いよいよただのご老人っぽくなってきましたね」

クルーク「次あたり『盆栽』が来るんじゃない?」

アミティ「予測がテキトーすぎるよ!;盆栽やってるシグってなんかイヤだ!;」




リデル『第5問!【シグの特技は?】』


アミティ「あっ!これは分かるよあたし!へへーん」カキカキ

りんご「私も分かります……が、シグがここでストレートにこれを答えるかどうかが微妙ですね…;」カキカキ

アルル「え~、なんでみんな分かるの?;どっかに書いてあったっけ、そんなの」カキカキ

クルーク「人名事典に書いてあったような……でも思い出せない!;うーん、多分こんな感じでしょ」カキカキ


回答
アミティ【目を開けて寝る】 アルル【ムシ取り】 りんご【目を開けて寝ること】 ラフィーナ【人の名前を間違える】 クルーク【ムシとり】



アミティ「うんうん、やっぱそうだよね。シグってたまに学校で言ってくるもん、『目を開けて寝るのが特技なんだ~』って」

りんご「ただのヤバイ奴じゃないですか?;それ」

アルル「そんなことより、クルークと回答が被っちゃったから今から樹海に行ってきていい?」

クルーク「Σなぜ!?;ボクと同じ思考回路になるだけで自殺モノの苦痛なの!?(汗)」

ラフィーナ「アルルさん……心中お察ししますわ」

クルーク「Σ勝手にお察ししないでよ!;ボクの方が死にたくなってきちゃうよ!(泣)」

リデル『それでは正解の発表です!』


リデル「シグくんの特技は?」

シグ「めをあけてねられる~」

正解【目を開けて寝られる】


アミティ「よっしゃ!ちょっとドヤ顔気味のシグかわいいよシグ!」アミ+1P

りんご「まぁー、ここはそうですよね!ていうか、それ以外を答えたら辻褄が合いませんから」リン+1P

アルル「へぇ~、初めて知ったよ。あ、もしかしてだからシグの目って赤いのかな?充血で」

アミティ「それ、あたしが考えた説だよ」

アルル「死のう」

アミティ「Σなんで!?;」

クルーク「アルル……心中察するよ」

りんご「一日に二度も心中を察せられるなんて羨ましいことこの上ないですね」

アルル「ありがとう。意味はわからないけど」




リデル『第21問!【シグが無人島へ持っていくものは?】』

アミティ「出たね、ベタ問。うーん、シグが持っていきそうなもの……」カキカキ

りんご「これは傾向と対策からいくと……ズバリこうでしょう!」カキカキ

アルル「『傾向と対策』て。受験じゃないんだから(汗)」カキカキ

りんご「チッチッチ!万物は傾向と対策だってドラゴン桜で言ってましたよ!ドラゴン桜読んだことないですけど」

アルル「ごめん 何言ってんの?」


回答:
アミティ【ムシ】 アルル【食料】 りんご【ムシとり網】 ラフィーナ【ナイフ】 クルーク【ヘリコプター】


アミティ「あぁー!;りんご、それだ!」

りんご「でしょうよ!ここに来て『ムシ』なんて凡夫なこと言いませんて!
    無人島で新種のムシを取りまくってやるっていう風に思考が流れるはずです、あのわんぱくボーイは!」

アルル「うーん、我ながらつまんない答え書いちゃったなぁ……;ボクってユーモアのセンスないのかな」

ラフィーナ「大丈夫ですわ。クルークのよりは数倍マシですから」

クルーク「なんでさ!;脱出できる乗り物を持っていけば済む話じゃないかこんなの!」

りんご「マジレスすると、ヘリだけじゃなくて操縦士も持っていかないと何の意味もないですよ」

クルーク「」

リデル『それでは正解の発表です!』


リデル「シグくんが無人島に持っていくものは?」

シグ「無人島?うーん、ムシかごとムシとり網と、あと今部屋で飼ってるムシたちと、アミティたちと、あと家族」

正解【ムシカゴとムシとり網と飼っているムシたちとアミティたちと家族】



デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)



アルル「撤収」

リデル『Σま、待ってください!;帰らないで!』

アルル「Σいいや帰るね!;当たるかこんなもん!;フツーひとつだけでしょこういうのは!?;」

りんご「シグに言っといてくださいよ!一つに絞ってって!;こんなもん遊戯王の大会でエクゾディア全部引いた後にその場に隕石がピンポイントで直撃するくらいの確率でしか当たりませんよ!?;」

アミティ「そしてあたしたちを持っていってどうするつもりだったの!?;まさかウミガメのスープ!?」

りんご「いえ、それは多分普通に性欲を満たすためかと」

ラフィーナ「お友達と一緒なら大丈夫って考えからだと思いますわよ、クソ野郎」

りんご「Σとうとうラフィっちゃんがガチギレした!;あぁっ、でもなんだか新鮮で心地良いDEATH!もっと罵ってくれ!!」

ラフィーナ「Σ手に負えねーですわ!;」




リデル『第48問。【シグが弾ける楽器は?】』

アミティ「えぇ~!?;楽器ぃ?そもそも弾けないんじゃないかな……」カキカキ

アルル「だから『弾けない』って答えもあるだろうね。うーん、でもここは……」カキカキ

りんご「もう50問に差し掛かってきましたけど、未だに傾向と対策がまっっったくわかりませんからねこの男」カキカキ


回答:
アミティ【ひけない!】 アルル【リコーダー】 りんご【ギター】 ラフィーナ【カスタネット】 クルーク【何も弾けない】


アミティ「ギター!?;ないでしょそれは~!あのシグだよ?」

りんご「いやいや。案外ああいう子が夜な夜な防音室でツイキャスライブを開催して女子たちを惚れさせたりしてんですよ」

クルーク「絶対してないよ!;あと、アルルもそうだけど左手がアレだと手の細かい動きを要求される楽器は無理なんじゃない?;」

りんご「じゃああれですよ、レフティを買ったんですよ。かき鳴らすだけなら……」

アルル「あの手で弦を弾いたら切れそうだけどね」

りんご「殺すぞ」

アルル「Σええぇええ!?;どうしたのいきなり!;キレどころがわからなすぎるよ!;殺さないで!」

リデル『それでは正解の発表です!』


リデル「シグくんが弾ける楽器は?」

シグ「トライアングル」



デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)




アルル「さーて、帰ろうか」ガタッ

リデル『だから待ってください!;』

アルル「シグぅ!;キミ思いついた単語言ってるだけだろさっきから!;絶対弾けないし!;」

りんご「速かったですね~回答が。食い気味に『トライアングル』て!;」

アミティ「あと、地味にラフィーナがジャンル的には惜しいっていうね」

ラフィーナ「トライアングルを上げるならカスタネットの方がまだ鳴らせそうですわよね……;」




リデル『第49問。【シグのコンプレックスは?】』

アミティ「あ、これちょっと気になるね。やっぱりこれかなぁ?」カキカキ

ラフィーナ「コンプレックス……あるんでしょうか?;あのボーっとしたシグに」カキカキ

りんご「人を見かけで判断しちゃダメですよ。ああいう人が実は裏で枕にアッパーカットをかましたりしてるんです」カキカキ

クルーク「なんでわざわざかけづらい技を打ってるんだ……;」カキカキ


回答:
アミティ【左手】 アルル【左手】 りんご【背が小さい】 ラフィーナ【アンテナ】 クルーク【左目】



アルル「うん。まぁ、どれかは当たるでしょ」

リデル『それでは正解の発表です!』




シグ「コンプレックス……うーん。声かな」

正解【声】





デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)




アミティ「なんっでやねん!!;」ガンッ

りんご「ただの思春期の男のコやないか!;しかもフツーにいい声してますよあなた!;」

アルル「やっぱり、男からすると『かわいい』みたいなことを言われるのはあんまり好ましくないのかもね」

ラフィーナ「確かに、シグはかっこいいというよりは可愛いって感じですわね」

クルーク「そのどちらにも属せないボクのような人の気持ちも考えて欲しいものだよ」




リデル『第62問。【シグが好きな季節は?】』

アミティ「お、これは4択問題だね!ラッキーラッキー♪」カキカキ

アルル「うーん……シグの性格から考えて、これかなぁ」カキカキ

りんご「まぁ、『ザ・これ』って感じの成りはしてますよね。彼は」カキカキ


回答:
アミティ【夏】 アルル【夏】 りんご【夏】 ラフィーナ【春】 クルーク【秋】


アミティ「ね、夏だよね!だってムシが一番活性化する季節だし」

ラフィーナ「それか、過ごしやすい気温の春秋でしょうね」

りんご「冬はまずないでしょうね~。冬眠しとるがいねアイツら!;」

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「すきなきせつ……えーと、梅雨」

正解【梅雨】



デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)



アルル「じゅげ……

アミティ「Σ待ったアルル!;スタジオごと吹き飛ばす気!?;」

アルル「シグに言っといてくれない?;『頼むから春夏秋冬にしてくれ』って!!;」

りんご「いや~、でもこれは頑張れば当てられた問題でしたね!確かにシグといえば6月、6月といえば梅雨ですから」

アルル「これさ、彼、『自分の答えがクイズになっててボクたちが当てなきゃいけない』っていう状態になってることを知ってるの?」

リデル『知ってますよ!』

アルル「そっか……;知ってて梅雨って言っちゃうか……;」




リデル『第98問。【シグが5人の中で不潔だと思うのは誰?】』

クルーク「Σ待った!;何この質問!?;ボクたちの絆に亀裂を入れるためだけにしか機能しなくない!?;」

ラフィーナ「仲良し企画じゃなかったんですの!?;」カキカキ

アルル「そうだよ!こんなの言われたらショックでしばらくシグに近寄れなくなっちゃうよ!」カキカキ

りんご「全くです!」カキカキ

クルーク「Σコラ待てキミたち!;今までにないくらい迷いのない速度で回答を書き終えてないかい!?;」

アミティ「いや、違うんだよ。なんか……シグがクルークのことを不潔そうな目で見てるのを見たことがあるな~ってだけで」

クルーク「意味がわからないよ!;」


回答:
アミティ【クルーク】 アルル【クルーク】 りんご【クルーク】 ラフィーナ【クルーク】 クルーク【ラフィーナ】


クルーク「」

アミティ「ま、まぁまぁ。もしかしたら案外アルルあたりを言うかもしれないから」

アルル「アミティ、キミには後でちょっと話があるよ」

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「メガネ」

正解【クルーク】


「「「よっしゃぁー!!」」」クルーク以外全員+1P

クルーク「チクショォォォォ!;しかも即答だし!ボクのどこが不潔だっていうんだ!?;
      おじゃばぶるファイブだぞ!?ていうかシグが一番不潔でしょムシ少年!(汗)」

りんご「実際に不潔かどうか、じゃなくて『不潔そうな人』ですからね。これはもう間違いなくメガネですよ」

アルル「なんなら『メガネ』そのものが不潔の代名詞みたいなところあるからね」

クルーク「それはボクだけじゃなくて各方面に失礼でしょ!;謝れ!視力が低い人全員に謝れ!;」




リデル『第112問!【シグが尊敬している人物は?】』

アミティ「うわー、難しいとこきたね。誰だろう……」カキカキ

アルル「そもそも居るかどうかも微妙だよね。『ムシ』とか言いそうで怖いなー!;」カキカキ

クルーク「うーん……;」カキカキ


回答:
アミティ【アコール先生】 アルル【ムシ】 りんご【ジャン・アンリ・ファーブル】 ラフィーナ【レムレス】 クルーク【ボク】



アルル「とりあえずね。まさかとは思うけど、消去法でとりあえず書いてみたよ」

アミティ「りんごのは誰なの?;じゃん・あんり……」

りんご「ファーブルさんですね。かの有名な『ファーブル昆虫記』を書いた虫博士ですからリスペクトが半端ないと予想してます」

ラフィーナ「そんなことより、誰かこの自惚れメガネ野郎を場外へほっぽりだしてくださらない?」

クルーク「なんでだよ!;もしかしたら尊敬してるかもしれないじゃん!一応成績学年トップだし!」

アミティ「でも不潔って思われてるらしいよ(笑)」

クルーク「」

アルル「(爆笑)」

りんご「(木亥火暴)」

アミティ「(暗 黒 微 笑)」

ラフィーナ「古いわ!;」

リデル『それでは正解の発表です!』




シグ「尊敬?う~ん……えーと、えーと……あ、おかあさん」

正解【お母さん】



デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)


りんご「Σごっっっつええ子やないですか!!;」

アルル「あはははははは!!あっはははは!!(ツボに入った)」ジタバタ

アミティ「ここへ来て急に『お母さん』って!;本当に一から十まで読めない子だねシグ!(汗)」

ラフィーナ「無人島の時も『家族』って言ってましたし、どうもご家族に思い入れがあるようですわね」

りんご「にしても急によゐこになりすぎてちょっとハートエイクしちゃいましたよ……;」




リデル『では第124問!【シグが一生歳を取らないとしたら、何歳がいい?】』

アミティ「これは……こうじゃない?」カキカキ

りんご「いえ、意外とこういうトコあるんですよね彼は」カキカキ

ラフィーナ「うーん……」カキカキ


回答:
アミティ【14歳】 アルル【20歳】 りんご【35歳】 ラフィーナ【18歳】 クルーク【6歳】


アミティ「えー!?;35!?なんでなんで?」

りんご「実はシグ、結構ダンディな男に憧れてるんじゃないかと思ってるんですよね。男って奴はカッコよく歳を取りたいんですよ!」

クルーク「それは確かにそうだ!;」

ラフィーナ「の割には回答が随分と若いですけど?;」

クルーク「いや、ボクの人生がまだ正常だった頃の年齢を書いてみたんだ」

アミティ「あー……;」

アルル「6歳が人生の全盛期っていよいよ救えないね」

クルーク「的確な口撃はやめてくれないか、傷つくから」

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「49歳」

リデル「え、どうしてですか?」

シグ「49(シグ)……」

リデル「…………ふふっwww」ブツッ

正解【49歳】



デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)



アルル「Σテンメエエエエエナメてんのかアアアアアアアアア!!!!!! ;」ガタッ

アミティ「お、落ち着いて美剣先輩!;」ガシッ

りんご「こういう所なんですよ!;この男は!!;たまーに出るんですよ、抑えきれない子供心が!;」ダンッ

クルーク「シグのことをよく知るための企画なのに、ますますよくわかんなくなってきちゃったよ!;」

ラフィーナ「これからはシグのお茶目な部分も傾向と対策に入れて考えないといけませんわね……;」




リデル『第125問!【シグの好きなアルバムは?】』

アミティ「え、アルバム?CDのこと?;」

リデル『そうです』

アルル「えぇ~……;シグって音楽聴くのかなぁ?;想像もつかないや」カキカキ

りんご「言っても割とノーマルな若者ですからね。このへんでしょう!」カキカキ

ラフィーナ「案外、このあたりを聴いてるんじゃないでしょうか」カキカキ



回答:
アミティ【ぷよぷよ ヴォーカルトラックス】 アルル【BUMP OF CHICKEN『jupiter』】 りんご【米津玄師『BOOTLEG』】
ラフィーナ【NIRVANA『Nevermind』】 クルーク【サカナクション『魚図鑑』】



りんご「可能な限り今のメインストリームに近いアルバムにしてみました。自信ありMATH!」

アルル「これ、各々好きなアルバムを書いただけじゃない?;」

アミティ「そうだよ!;ぷよぷよのCDがまさかのあたしだけって大丈夫!?;キミたち世界観考えようよ!(汗)」

ラフィーナ「それはそれで今更すぎますわよ!(汗)」

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「アルバム?うーん…………『こっちを見ている』。アルカラの」

正解【アルカラ『こっちを見ている』】


デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)



アルル「ウソでしょ」

りんご「まさかの そこそこマイナーなロックバンドが飛び出しましたよ」

アミティ「これは多分、記憶を消して100回やり直しても当てられなかったね」




リデル『第178問。【シグが5人の中で腹黒いと思うのは誰?】』

クルーク「このタイプの問題 もうやめてくれない? 切実に」

アミティ「いや、でも『腹黒い』だからねぇ~。クルークは一番遠い気がするよ」カキカキ

りんご「わかりませんけどね。案外今までの私たちの数々の暴行をペン型レコーダーに記録していて
     法廷で徹底的に叩く準備をしてるかもしれませんし」カキカキ

アルル「こわっ!;」カキカキ

クルーク「!!!」

ラフィーナ「クルークが青天の霹靂のような顔をしていますわ!;大丈夫ですのこれ!?;」

りんご「大丈夫ですよ。いざとなったら『すずらん商店街のリーガルハイ』と呼ばれたまぐろくんがどうにかしてくれます!」

クルーク「マジで何者なんだよ、まぐろは」


回答
アミティ【アルル】 アルル【りんご】 りんご【私】 ラフィーナ【クルーク】 クルーク【りんご】


アミティ「お、やった!あたしの名前入ってない!」

りんご「自分で書いといてなんですけど、私はそんなに腹黒そうですか?;」

アルル「まぁ腹黒いっていうか、考えが読めないって意味で消去法かな」

クルーク「この中だと一番敵に回したらヤバそうだからね」

りんご「ホメオスタシスとして受け取っておきます」

クルーク「恒常性を受け取るな」

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「はらぐろい……アルル」

正解【アルル】



アミティ「ッシャオラァ!!」ガッツポ +1P

アルル「Σなんでやねん!;ピュアピュアだよボク!?;純粋さの塊だっちゅーに!」

りんご「いや、わかりますよシグ。アルルも実は考えが読みにくいんですよね~」

クルーク「たまに能面のように怖い顔になるよね。感情のカケラもないような」

アミティ「意外と人付き合いにドライだよね。仕事は仕事として割り切ってる感じっていうか」

アルル「え、ええー……;なんかちょっとショックだな……;;できるだけ愛想よくしてきたつもりなのに」




リデル『第178問。【シグが5人の中で気になってるのは誰?】』

アミティ「!!;こ、これはちょっとあたしの今後の人生に大きく関わってくる問題じゃない!?」カキカキ

アルル「気になってる人ねぇ~。正直、ぜんっぜんわかんない!;」カキカキ


回答
アミティ【あたし!!(であれ!)】 アルル【アミティ】 りんご【アミティ】 ラフィーナ【アミティさん】 クルーク【アミティ】



アルル「おお、全員一致」

アミティ「き、キミたち……!」ジーン

りんご「いや、わかりませんよ?実際の所はわかりませんけど、ここで彼が言う答えはコレだと思います!」

ラフィーナ「ていうか、私たちとしてもこうであって欲しいですわよね。違ったらアミティさんが浮かばれませんわ……;」

リデル『それでは正解の発表です!』


シグ「気になってる~?うーんと、りんご?」

正解【りんご】



ラフィーナ「Σた、大変ですわ!アミティさんが既に縄と練炭と毒薬と日本刀と電気椅子と拳銃を!;」

アルル「準備良すぎだろ」

アミティ「離してっ!;腐りレズ果物ごときに負けたあたしなんてもう生きてる価値ないんだ!」

りんご「なんて言い草DA!;しかしこれは私も驚き桃の木アナーキーですよ!?;ちょ、ちょっと理由を聞いてみてくださいリデ公!」

リデル『リデ公!?;わ、わかりました!』


リデル「シグくん、どうしてりんごさんのことが?」

シグ「うーん。単純に、5人の中で一緒にいる時間が一番短いから?ちょっと距離かんじるかも」



りんご「ああ、気になるってそういう……」

アミティ「よかったぁぁぁ!;まだあたしにも逆転ホームランのチャンスは残されてるんだね!」ホッ

クルーク「よかったね。ところで、慌てたドラえもんのごとく放り出したその自殺グッズの数々を早くどこかにしまってくれない?怖いから」

りんご「せっかくなんで、誰か電気椅子でも体験してみませんか?」

クルーク「Σ地獄の誘いやめてよ!;何もせっかくじゃないし!;」




リデル『では第219問!【シグの好きな一発ギャグは?】』

アミティ「一発ギャグぅ?;えー、なんだろう!」カキカキ

ラフィーナ「シグってお笑いとか見るんでしょうか?;想像つきませんわね……」カキカキ

アルル「このへんじゃないかなぁ。シグのセンスからすると」カキカキ

りんご「ちょっとフツーの人と笑いの感性がズレてそうですよね。だとすると……」カキカキ



回答:
アミティ【お前が欲しい!】 アルル【でもそんなの関係ねぇ】 りんご【チクショー!】 ラフィーナ【サンシャイン池崎】 クルーク【ひょっこりはん】



アルル「シェゾのセリフを一発ギャグ扱いにするのは面白すぎるからやめてくれない?」

りんご「あ~!アルルのありそうですねー!;知識がそのへんで止まってそうな感じもします!」

アルル「でしょ?最近のテレビとかあんまり見てないと思うんだ。シグってちょっとヒソカなところあるし」

ラフィーナ「どういうことですの?」

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「一発ギャグ………あ、えーと、あれ」

リデル「あれ?」

シグ「こじまだよ」

正解【児嶋だよ!】




デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)




アミティ「………」

アルル「………」

ラフィーナ「………」

クルーク「………」

りんご「………まぁ、そりゃ、こんなガッシュ24巻のザルチム戦みたいな間も空きますよね」

アルル「頭の片隅にすら浮かばなかったよ。アンジャッシュさんのこと」




休憩時間

レイ「……(プレート:250問終了時点での成績

アミティ:33P
アルル:16P
りんご:28P
ラフィーナ:20P
クルーク:19P)」


ラフィーナ「さすがアミティさん、成績トップですわね」

アミティ「やったー!嬉しい!多分今までで初めてだよ、何かの成績でトップに立ったの!!」ピョンピョン

りんご「学校の成績も、人気投票も、何一つ一位になれなかった人間ですからね」

アミティ「」

アルル「アミティは所詮、フィバ時代の『敗北者』じゃけェ……!」

アミティ「ハァ……ハァ……敗北者……?」

クルーク「乗るなアミティ!;戻れ!」

アルル「まぁそれは1割冗談として、ボクが最下位かぁ~。ボク、シグのこと結構好きなんだけどね……;」

アミティ「それどういう意味?」

アルル「そんなミカサみたいな目つきで睨まないでくれない?;普通に友達としてって意味だよ!;」

りんご「今までの傾向と対策からいくと、芸能や一般常識にはあんまり詳しくなくて、時たま子供心が飛び出すって感じですかね」

クルーク「時たまどころじゃない気もするけどね……;」

アミティ「うーし!あと250問頑張るぞ!!」パンッ

ラフィーナ(正直帰りたいですわ……;)




リデル『では第251問!【シグの行ってみたい国は?】』

アミティ「国!!;ど、どうしよう!あたしプリンプタウンしか知らないよ!;」カキカキ

ラフィーナ「アミティさん、プリンプタウンは国名じゃなくて地名ですわよ!;」カキカキ

りんご「ぶっちゃけ、そこんとこよくわかりませんけどね。世界の名前なんじゃないかって話もありますし」カキカキ

アルル「国ねぇ~~……」カキカキ


回答:
アミティ【さかな王子の国】 アルル【魔導世界】 りんご【シェルブリック王国】 ラフィーナ【どこにも行きたくない】 クルーク【わからない】

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「ムシの国」

正解【ムシの国】


デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)



アルル「撤収」ガタッ

ラフィーナ「撤収しましょう」ガタッ

リデル『Σなんでですか!?;』

りんご「Σ当たり前じゃないッスか!;なんじゃい『ムシの国』て!;
      あるみたいに言うな!『キノの旅』に収録されてるみたいに言うな!!;」

アミティ「思いついてることを言ってるだけなんだよこのコ!;最初からずっと!」

りんご「もぉしんどいっすわ!;私も家帰ってやらなきゃいけないこと沢山あるんですよ!!(汗)」

リデル『残念ですが途中退席は一切認められません』

アルル「これ、ギャラが10億万ドルくらい出ないと割に合わないね」

クルーク「国家予算超えてるじゃないか」




リデル『第259問!【大地震が来た時、シグはまず最初に何を持ち出す?】』

アミティ「これはもう、これしかないでしょ!」カキカキ

アルル「サービス問題だね」カキカキ

りんご「私はあえてちょっとだけズラしてみようと思います」カキカキ


回答:
アミティ【ムシ】 アルル【ムシ】 りんご【家族】 ラフィーナ【ムシ】 クルーク【ムシ】



アミティ「あ~~、まぁそれもなくはないかな」

りんご「でしょ!今までの感じからすると、やっぱこのコ家族に対して並々ならぬ愛情があるみたいですから!」

アルル「にしても、家族に対して『持ち出す』って言い方するかなぁ?;」

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「印鑑と通帳」

正解【印鑑と通帳】



デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)


「「「wwwwwwwwwwwwww」」」

アルル「あはっはははははは!!」バンバン

アミティ「あまりにも予想外すぎて笑っちゃったよ!;どゆことコレ!?;急に大人になりすぎでしょ!(汗)」

りんご「ついさっき『ムシの国』って答えた人が『印鑑と通帳』て!!;高低差で耳キーンなりますよ!;」

ラフィーナ「そこは現実的なんですのね!?;ボケてんのかボケてないのかよくわからない奴ですわ!」

クルーク「もうボクはお手上げだよ!;当たるわけないもんこんなん!!;」

りんご「あーしんどい!!;誰か助けてぇー!;もうリアルタイムで5時間近くやってんですよウチら!;」

アルル「本家もだんだん疲れて壊れてくるけど、まさかこんなにしんどいとは思わなかったよ……;」




リデル『第272問!【シグのフェチは?】』

アミティ「ふぇ、ふぇ、ふぇ……フェラガモ!?」

りんご「Σ余計危険な単語になりましたよ!?;フェチだっつってんでしょうが!;」

アルル「い、いきなりディープな質問になったね……;フェチかぁ」カキカキ

アミティ「な、なんだろなんだろ……シグが好きそうなもの……」カキカキ

ラフィーナ(『ふぇち』ってなんなんでしょう?)カキカキ


回答:
アミティ【におい】 アルル【首すじ】 りんご【音】 ラフィーナ【プリウス】 クルーク【足】


アミティ「クルーク………」

クルーク「Σなんでそんなゴミを見るような目でボクを見るの!?;ボクがそうなんじゃないからね!?;予想だから!;」

アルル「にしても、足って。結構どぎつい変態じゃないか」

りんご「アルルが言えたことじゃない気もしますけどね。首筋て!星野源か!;」

アミティ「そんなことより、なんでラフィーナはプリウスって書いたの?:ネジ曲がりすぎじゃない?;」

ラフィーナ「だ、だってフェチってなんか車の名前っぽいから車関連のことかと思って……」

りんご「そもそも『フェチ』を知らなかったんですか!?;なんというピュアガール!マストプロテク!」

リデル『それでは、正解の発表です!』

アミティ「な、なんかドキドキする!;知りたいような知りたくないような……」ドキドキ




シグ「ふぇち?……えーと……ばんそうこう」

正解【絆創膏】



デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)



りんご「Σジョニィでも引くレベルのドヘンタイじゃないっすかー!!;」

H前「ふーん、エッチじゃん」

アミティ「ば、ば、絆創膏ってどういうこと!?;どどどこに貼るの!?シグぅ!?」プシュー

アルル「いや、わからないよ。単純に絆創膏の形に興奮してるのかも」

クルーク「もはやサイコパスでしょ、それは!;」

ラフィーナ「誰だ今の」

アルル「ていうか、シグって『フェチ』の意味は知ってるんだね。ちょっと意外」

りんご「そりゃー年頃の男の子ですからね。これで知らなかったら逆に引きますよ、男版千石撫子DEATH」

クルーク「何その的確なたとえ」

アミティ「あ、あたしどうしたらいいんだろう!?明日から鼻に絆創膏貼ってきたほうがいい!?」

アルル「少年漫画か!;ていうかそんなことしたらいきなり阿りすぎって思わちゃうよ?;」

りんご「シグが『阿る』なんて難しい言葉を知ってるとは思えませんけどね」




リデル『第291問!【シグが最近面白かったことは?】』

アミティ「面白かったこと……なんだろう。ムシのドキュメンタリー見たとかかな」カキカキ

りんご「これは傾向と対策でどうにかするしかありませんね。おそらくコレでしょう!」カキカキ


回答:
アミティ【ムシのドキュメンタリー】 アルル【笑ってはいけない】 りんご【クルークがひどい目にあっていた】 ラフィーナ【ムシとり】 クルーク【深夜アニメ】


アミティ「あー!;笑ってはいけない!それかぁー!」

アルル「『最近』って言ってるからね。なかなかタイムリーなとこでしょ!」

クルーク「そんなことより、りんごのそれはどういう意味か説明してもらえない?」

りんご「クルークが肥溜めに落ちてたとか、そういう光景を見て内心鈴木絢音のように爆笑してるのではないかと」

クルーク「Σ落ちてないよ!;落ちてないし、落ちたとしても笑わないよ多分!そうであってほしいよ!;」

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「このまえヘンなメガネとオセロしたんだけど、ヘンなメガネ、さいしょは『私は……強いぞ?』ってかんじで自信満々だったのに、よわすぎて全部こっちの色になっちゃって、悔しい~って言ってた。それがおもしろかったー」

正解【あやクルがオセロ弱かった】



デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)



りんご「……一言、いいですか」

アミティ「いいよ」

りんご「当たるかァァァァアア!!;」

アルル「落ち着けパインアップルマイナスアップル!;ニュアンス的には一番近かったじゃないか!;」

りんご「なんスかその回りくどいだけのあだ名は!;あややもあややで弱いんかい!;シグにオセロ負けるって早々ない屈辱ですよ!;」




リデル『では第336問!【シグの好きな漫画は?】』

アミティ「なんだろ?少年漫画くらいしか読まなそうだけど……」カキカキ

アルル「そもそもボクがあんまり最近の漫画知らないんだよね……;えいっ」カキカキ

りんご「これは……こうじゃないですか?」カキカキ


回答:
アミティ【僕らのヒーローアカデミア】 アルル【ドラゴンボール】 りんご【テラフォーマーズ】 ラフィーナ【ワンピース】 クルーク【進撃の巨人】


クルーク「あ~~っ!;テラフォーマーズ!それだ!」パンッ

りんご「イグザクトリィ!ムシ漫画と言えばコレでしょう!ちょっとゲノムと迷いましたが、こっちのがメジャーでしょうね」

アミティ「くそー、やられた!;僕ヒデも悪くないと思ったんだけどな~」

ラフィーナ「どんな略し方してんですの!?;」

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「ハヤテのごとく」

正解【ハヤテのごとく!】




デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)




りんご「もう、なんなんですか コイツ」

アルル「そ、そんなマジトーンでキレなくても!;面白いじゃんハヤテのごとく!(汗)」

りんご「うるせェーッ!;面白いのも24巻くらいまでじゃ!;シグの奴、整合性もクソもありゃしないじゃないですかァァァ!!」ダンダン

クルーク「Σそんなこと言って大丈夫なの!?;畑先生に怒られるよ!?;」

りんご「先生なら笑って許してくれますよ!自分だってさんざん人様の作品ネタにしてますし!」

アミティ「にしても、早かったね~!;間髪入れずに『ハヤテのごとく』って言ってたよ。まさしく疾風」

ラフィーナ「よっぽど好きなんでしょうね。理由はわかりませんけど……;」




リデル『第337問!【シグの好きなゲームは?】』

アミティ「あっ!これはボーナス問題じゃない?」カキカキ

アルル「ボクもこれはぴんと来たよ。いつも言ってるしね」カキカキ

クルーク「これは全員正解するんじゃないかな?」カキカキ

りんご「いやいやいや!あんたらアマチュアですわ!そうは行きませんて!」カキカキ


回答:
アミティ【甲虫王者ムシキング】 アルル【ムシキング】 りんご【ぷよぷよ】 ラフィーナ【ぷよぷよ】 クルーク【ムシキング】



アミティ「えー!?;ムシキングだよ絶対!ムシの代名詞みたいなもんじゃん!」

りんご「甘い、阿万音鈴羽の未来予想より甘い。ここは言ってもメインキャラ、大人になる場面ですよ」

ラフィーナ「私もそう思いますわ。ていうか、ここは『ぷよぷよ』って答えないと色々まずいような……;」

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「すきなゲーム……うん、ムシキングー」

正解【甲虫王者ムシキング】



アミティ「っしゃ!」アミ+1P

りんご「Σアアァァアァアアアァァアアアア!!;とこっとん裏をかいてくる輩ですねこのアンテナ野郎!;」ガッタン

アルル「だからムシキングだって。なんならシグ、大会限定モノも含めて全カード集めてるんだから」アル+1P

クルーク「それだけじゃ飽き足らず、お菓子のオマケとかについてくるシールまでコンプしたらしいね」クル+1P

りんご「あれ?;アンタら意外と詳しくないですか?(汗)」




リデル『第359問。【シグがバンドを組むとしたら何をやりたい?】』

アミティ「えーと……消去法で、こんな感じかな?」カキカキ

りんご「意外とね、彼こういうところあるんですよね」カキカキ

ラフィーナ「Let's see………」カキカキ

アミティ「え?;」

ラフィーナ「あ、すみません。つい母国語が……」

アミティ「Σ待って!;ラフィーナの母国語って英語なの!?;初めて知ったよ!?(汗)」

ラフィーナ「え?皆さんもそうじゃないですの?名前思いっきりカタカナですし」

アミティ「その理屈はおかしいよ!;そんなんならマサラタウンのサトシも英語が母国語になっちゃうよ!;」



回答:
アミティ【ドラム】 アルル【ギター】 りんご【ボーカル】 ラフィーナ【ボーカル】 クルーク【ギター】



アルル「あれ、意外と偏ったね。りんごはなんでボーカルなの?」

りんご「シグってああ見えて結構目立ちたがり屋だと思ってるんです。ほら、もうタマシイからしてそれが現れてますし」

アミティ「目立ちたがり屋だからタマシイが抜けて出てるわけじゃないと思うよ?;」

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「えーと……うたう人」

正解【ボーカル】



りんご「よっしゃー!きたんずこれ!」リン+1P

アミティ「マジぃ!?;男の子ってみんなドラムやりたいもんじゃないの!?;」

クルーク「どういう偏見だよ!;むしろドラムってバンド構成の中でも結構女子が多い部類じゃない?;」

アミティ「だって、男ってずっと何かをブッ叩きたい衝動に駆られてるものだと思ってたから……」

クルーク「それは フェミニズムです」

りんご「ね、言ったでしょう。シグこういう所あるんですよ。こう……『アンチ縁の下の力持ち』みたいな所あるんです」

アルル「ダメじゃん、それ」




リデル『第398問。【シグが好きな格言は?】』

りんご「どういう質問じゃ!;」カキカキ

アルル「格言、格言……えー、わかんないなぁ。シグってあんまりそういうの興味なさそうだよね」カキカキ

クルーク「多分、わかりやすくてポジティブなものが好きなんじゃないかな」カキカキ


回答:
アミティ【失敗は成功の母】 アルル【心に太陽を持て】 りんご【明日は明日の風が吹く】 ラフィーナ【明けない夜はない】 クルーク【笑う門には福来る】



アミティ「うん、見事に元気の出そうな言葉が並んだね」

アルル「ていうか、クルークのって格言なの?;ことわざじゃん」

クルーク「ことわざって格言みたいなものじゃない?厳密な定義は知らないけど」

りんご「私これ結構自信ありますよ!『ケ・セラセラ』の体現みたいな生き方してますからね、シグ」

ラフィーナ(じゃあケ・セラセラって書けばよかったのでは……;)

リデル『それでは正解の発表です!』



シグ「え、かくげん??えーと、ちょっとまって」

シグ「うーん、うーん…………あ、おもいついた」

シグ「さんぜんせかいのからすをころし、ぬしとあさねがしてみたい」

正解【三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい】





デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)





アミティ「Σえ!?;な、なんて?なんて言ったの今!?;」

アルル「あっっはははははははははは!!あはははははは!!」バタバタ

りんご「なにわろてんねんアルルゥ!;なんッも面白くないッスよ!;完全に気が違ってるんですもんコイツ!;」

クルーク「格言じゃなくて都々逸(どどいつ)じゃないか!;しかもどういうチョイス!?;」

りんご「この言葉を『好きな格言』に上げる奴はこの世でダ・ヴィンチ・恐山しかいませんよ!;
     なんやねんこの赤目野郎さっきから!;ほとほと愛想が尽きたわ!!

アミティ「そ、そもそもどういう意味なの?その三千世界の……ってやつ」

レイ「……(プレート:端的にいうと、『朝ゆっくりしたいから煩いカラスを全部ぶっ殺す』ってこと)」

アミティ「Σヤバすぎでしょ!;なんでシグはそんなのを好きな格言にしたんだ!(汗)」

アルル「あははは……これならまだ『一度でも我に頭を下げさせし人みな死ねといのりてしこと』の方がよかったね」





リデル『第415問。【シグがやってみたい職業は?】』

アルル「はぁー……;なんかホントに疲れてきたよ。もう7時間くらいやってない?」カキカキ

りんご「やってますね……;そりゃまっちゃんも冷えピタとか貼り出すわけだ」カキカキ

アミティ「職業か~。これじゃないかな?」カキカキ


回答:
アミティ【探検家】 アルル【研究者(ムシの)】 りんご【男娼】 ラフィーナ【ボクサー】 クルーク【宇宙飛行士】


ラフィーナ「男娼?ってなんですの?」

りんご「まぁ簡単に言うと、男版のスタジオジブンウリです」

ラフィーナ「骨まで燃えやがれですわ」

アミティ「それよりラフィーナはなんでボクサーなの?;シグがそんなこと言ってた?」

ラフィーナ「いえ、ただ前『49歳』とか抜かしてやがりましたから、そろそろ『ぼくさー、ボクサー』とか言い出すかと……」

アミティ「大丈夫?」

アルル「わかってやってアミティ。ラフィーナも長丁場で疲れてきてるんだよ」

ラフィーナ「Σ私が悪いんですの!?;」

リデル『それでは正解の発表です!』




シグ「しょくぎょう……うーん。楽な仕事」

正解【楽な仕事】




デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)




アルル「若者じゃん、ただの」

りんご「夢を失いすぎですよ!;さとり世代か!(汗)」




リデル『第440問。【シグが明日死ぬとしたら何をする?】』

りんご「あぁ~~、しんどい!;たすけてぇ~~!」ドロォ

アミティ「確かに疲れてくるけどそんな液状になってまで疲労をアピールしなくても!;」カキカキ

りんご「ああ苦しい、ああ苦しい、いま死んじゃこまる!」カキカキ

クルーク「夏目漱石の遺言か!;」カキカキ


回答:
アミティ【ムシとり】 アルル【寝る】 りんご【自殺】 ラフィーナ【ムシと戯れる】 クルーク【家族と過ごす】



アミティ「りんごのはどういうことなの?;疲れてるからってヤケクソになってない?」

りんご「いや、『明日死ぬ』っていう状況は多分いきなり隕石が降ってくるとかその類だと思うんで、
     苦痛を味わう前に自分からゲームエンドさせてしまうのも手かなと」

アルル「”ガチ”な終わりを想定しないでよ、ちょっと怖いから!;」

りんご「アルルのも似たようなモンだと思いますけどね……;寝てる間に死にたいってことでしょう?」

リデル『それでは正解の発表です!』




シグ「え。うーん、お母さんと一緒にいたい」

正解【家族と過ごす】



クルーク「!!や、やった!初めて一人だけ正解した!」クル+1P

アルル「何?さっきから マザコンなの? 彼は」

アミティ「なんか切なくなっちゃうね。世界の終わりに家族と過ごすシグを想像すると」

りんご「きっと最期に穏やかな時間が流れるんでしょうね」

ラフィーナ「グスッ」

アミティ「これはセミコロンセミコロンだ……;;」

クルーク(どこに泣く要素が……;)




リデル『第440問。【シグが好きな童話は?】』

アルル「さっきからちょいちょい質問がおかしくない?;知ってどうするのさ」カキカキ

アミティ「童話……童話童話……」カキカキ

りんご「多分ね、彼……選択肢がないんですよ。童話なんてそんなに知らんでしょうから、このへんですね」カキカキ



回答:
アミティ【赤ずきん】 アルル【かさじぞう】 りんご【浦島太郎】 ラフィーナ【桃太郎】 クルーク【マッチ売りの少女】



りんご「桃太郎と迷ったんですけどね。ストーリーの面白さ的にはこっちのが上かなと」

アルル「ボクは単純にかさじぞうが一番好きだから書いてみたよ」

ラフィーナ「にしても、マッチ売りの少女浮いてますわね……;」

クルーク「い、いいじゃないか!マッチ売りの少女も浮ける能力があればそれで食っていけただろうし!」

ラフィーナ「何言ってんですの?」

リデル『それでは正解の発表です!』

アミティ「うー、赤ずきんであれ!」



シグ「どうわ?えーと、ジャックと豆の木」

正解【ジャックと豆の木】





デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)




りんご「Σはああぁあああぁあぁあぁあああぁぁぁ~~~~!!;」バンッ

アミティ「さすがのあたしも、これはちょっと失望しちゃったよ」

アルル「だからりんごの言った通り、思いついてることパっと言ってるだけなんだよね!;」

りんご「ジャックと豆の木て!ぜっっっっっ……ったい嘘ですやん!童話の中でも下の下の方でしょ!;」

ラフィーナ「Σそれはイソップ童話に怒られますわよ!?;」

クルーク「まぁ、ぶっちゃけボクもジャックと豆の木のストーリーよく分かってないしね……;」

アミティ「その情報はいらないです」

クルーク「ガッデム」




リデル『第486問。【シグが好きな四字熟語は?】』

アミティ「四字熟語………」カキカキ

アルル「格言の時の感じを見るに、ベタなのじゃ来ないかもね」カキカキ

りんご「いや、多分あれは『三千世界の……』くらいしか格言っぽい言葉を知らなかっただけですよ。思いついたこと言うマシンなんですから」カキカキ

ラフィーナ「なんか、この企画を通してりんごさんのシグへのヘイトが溜まってませんこと?;」


回答:
アミティ【一石二鳥】 アルル【臥薪嘗胆】 りんご【一石二鳥】 ラフィーナ【花鳥風月】 クルーク【四面楚歌】



アミティ「そういうことだよね。いちばん有名な四字熟語って多分これだし」

りんご「頼むぅ~シグ!;もういいですから!ボケの撮れ高は充分すぎるくらい撮れてますから!」

アルル「ていうか、四面楚歌は絶対ないでしょ。超ネガティブじゃん(汗)」

リデル『それでは正解の発表です!』




シグ「よじじゅくご………え~~と、そうだ。がりょーてんせい」

正解【画竜点睛】




デンデンデンデ~~ン(全員不正解の音)




アルル「ポケモンだろうね」

クルーク「連想されちゃったんだろうね」

アミティ「まず、絶対好きじゃないしね。画竜点睛のこと」

りんご「今日はじめて口にしたくらいのノリでしたよ、あれは」





リデル『第500問!』

りんご「あああぁぁああ~~!!」

アミティ「よぉぉおーっし!!」パンッ

アルル「最後取るぞ!取ってすっきり終わりたい!」パンッ

リデル『【シグの一番好きなムシは?】』

ラフィーナ「これは……シンプルにして難しい問題ですわね」カキカキ

アミティ「一番でしょ~!?;あたしたちが知らないようなのが出てきたらお手上げだもんなぁ」カキカキ

アルル「いや、言っても多分……」カキカキ

りんご「うぅぅぅう~」カキカキ

アミティ「りんごがぐて~んとしちゃってる。ちょっとおもしろいね」

りんご「そりゃ8時間もクイズやってたらゲルまゆにもなりますよぉ~~~」グテーン

アルル(大自然クイズの時もっとやってたような……;)


回答:
アミティ【カブトムシ】 アルル【クワガタ】 りんご【選べない❤】 ラフィーナ【てんとうむし】 クルーク【カブトムシ】



りんご「えらべな~い!って言うと思いますよ。星野みな●みたいなテンションで」

アミティ「それも確かにありそうだ!;でも言っても昆虫王者カブトムシでしょ!」

アルル「え?;Tシャツの柄にもなってるんだし、クワガタじゃないの?」

ラフィーナ「ずっと頭にのっけてますし、テントウムシかと……」

リデル『それでは正解の発表です!』




シグ「これはー……むずかしい。けど、なんだかんだいっても、やっぱりカブトムシ」

正解【カブトムシ】



りんご「っっッッチ!!!」ガッタン

アミティ「Σガチの舌打ちした!!(汗)」

りんご「2000円から!お預かりいたしまあああああああああす!!!!」レジピピピピッピピピピピピッガッシャーン!!!!!

アルル「りんごッ、りんごォォォオ!;帰ってこい!!;」

りんご「9999999999円の!!!!お返しです!!!!!((((ああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!))))))」

クルーク「こうして、クイズ500のコトはりんごの血によって幕を閉じた……」

ラフィーナ「Σ変なナレーション入れるな!ですわ!;」





リデル『それでは、最終成績を発表します!』




どぅるるるる………











レイ「……(プレート:500問終了時点での成績

アミティ:68P
アルル:49P
りんご:56P
ラフィーナ:43P
クルーク:32P)」

リデル「アミさん優勝ッ!!」

アミティ「Σっっっっっっっっッッッっしゃあああああぁあああああドラァァアア!!」ガッツポ

りんご「ああああああああああああああああああああああああ!!!!(リリリリリリッリリリリリリリ!!」

アルル「Σどういう擬音!?;りんごがさっきから壊れすぎなんだけど!;」

ラフィーナ「ていうか、クルーク……;」

クルーク「み、見るな!そんな目でボクを見るな!;こんなの当てられる方がおかしいんだよ!!;」

アミティ「やった……やったぞクソッタレ……!(泣)」ジーン

リデル「それではアミさん、優勝者としてシグくんから素敵なプレゼントがあります!こちらへどうぞ!」

アミティ「ほ~~~いww」スタスタ

りんご「なんでアイツ野原しんのすけみたいな喜び方してんですか」

アルル「それだけ嬉しかったんだろうね」


~~~


アミティ「し、シグ~?」ガラッ

シグ「おー、アミテー。おめでとー」

アミティ「だからアミティだって!;でもありがとー!頑張ったよあたし!」

シグ「うん。これ、ごほうびー」スッ

アミティ「こ、これは?」

シグ「とってもいいもの。あけてみて」

アミティ「じゃ、じゃあ………どきどき」



カパッ(アミティがプレゼントの箱を開ける音)





    ▃
    ◥▌   ▃◢◣▃     ▃▬▂   ▃◢▀
     ◥◣▅▀   ◥▌▂▃▲   ◥◣▅▀
      ▋◥▊  ◢▓█▓█▇◣   ▐◤▋
     ▌ ◥▉  ◢▓ ▓▓█▓█◣ ▼ ▋
      ▌   ▀▅◢▓▃▓▓█▓■▀▀  ▌
     ▌    ▐▀■▆▓■▀▆▲   ▌
    ▐   ▅▀▌▓  ▓▼◢▇▓▓▊▃  ▐
   ▐  ◢▋ ▐▓▓  ▓▌█▓█▓▊ ▐◣ ▐
    ▍ ◢▊  █▓▓ ▓▊ █▓█▓▌ █◣ ▍
   ▍◢◤   ▐▓▓▓ ▓▊▐▓█▓▓▍◢▀▌ ▍
  ▃▼   ▐▓▓ ▓▓▍▓█▓▓█▀▅ ▀◥▍
   ▎   ▃▲▓▓ ▓▌▓▓▓▅■  █◣  ▎
    ▎  ◢▋ ▐▓▓ ▐ ▓◢▓▅█▊   █◣  ▎
  ┃  ◢▊ ▐▓▓ ▌▓▓◢▓██   █◣ ┃
  ┃   ◢▉  ▐▓▐ ▓▓▓◢▓■    █◣ ┃
 ┃    ◢█  ▐▐ ▓▓▓▓◢█▍   ◢▌  ┃
      ◢■   ▐ ▓▓▓▓▓▼    ◥◣
     ◢▍    ▼◢▓▓▓▀      ▐◣
   ▂◢◤      ▀▓■▀




アミティ「」













あみてぃ「」














「Σぎゃあぁぁああぁああああぁぁああああ!!;;」






終われ
地獄