皆が一番になれるわけじゃないから

アミティ「また台風が来るらしいよ!」

アルル「げっ、マジ?;最悪だ……一ヶ月に二回も直撃なんてシャレにならないよ」

りんご「噂によるとあの暴れん坊将軍の21号より強いとか……恐ろしいぞ……(レ)」

シェゾ「フツーに現実の話をしてんじゃねぇよ!;ここプリンプだろ!?(汗)」

アミティ「プリンプにだって台風くらい来るよ。大丈夫?」

アルル「固定観念に支配されてない?そんなんじゃIQサプリで優勝できないよ?」

シェゾ「なんで俺がちょっとおかしい人みたいになってんだよ」

ラフィーナ「このプリンプでは常識に囚われてはいけないんですわね!」

フェーリ「台風に関してはきっと大丈夫よ。私がお祈りをしておいてあげたから」

クルーク「うわーびっくりした!;なんでナチュラルにフェーリがいるの!?」

フェーリ「占い師は神出鬼没のライセンスをデフォルトで備えているのよ」



アミティ「というわけで台風前夜のぷよキューだ!明日死ぬかも知れないしテンションあげていこーっ!」

シェゾ「どういう盛り上げ方だよ!;倉橋ヨエコか!(汗)」

アルル「そのツッコミも捻くれすぎだよ!;」

りんご「ま~結構危ない所に住んでますからね私たち。アーメン!今日はH.N『もみ』さんからだ!もみ!?紅葉!?なかはしこうよう!?秋葉よいこ!?そうかぁ秋かぁ~!秋深し、隣は何をする人ぞっとくらぁイェイフォーマルハウト!!」

シグ「りんごどうしちゃったの」

アミティ「確かにテンション上げてこうって言ったけど、それはブチ上げすぎだよ!;みんなが引いちゃう!」

ラフィーナ「普段どおりでも皆さん引いてらっしゃると思いますけどね……(汗)」

りんご「むむっ、せっかく久々に脳梗塞のリスクを晒してまで大声出したのに注文の多い料理店ですねぇ。えーと、

こんにちはーもみです
えっとリクエストでバランス重視タイプを除いたフィーバーのタイプキャラでチームを組んで戦っているのをみてみたいです。
司会はアミティとレムレスでおねがいします。     
優勝したチームはクルーー区に拷問をあたえてもいいことにします。    
アミティへ、私はアミティのこと全キャラの中で一番大好きだよ。親も可愛いっていってたよ。
あと、シグアミ大好きだよーーーー 



……とのことDEATH!またポケモンバトリオか!;最近戦闘系多くないっすか!?」

アミティ「も、もみさん……!あなたがあたしの神か!一生ついていきます!」ジーン

クルーク「も、もみさん!?;アンタが悪魔か!;誰の許可を取ってボクに拷問を与えていいことにしたんだ!?;」

りんご「あっちじゃ化物に見えたとか~♪向こうじゃ聖人に見えたとか~♪」

アルル「シグアミかぁ~。20th以降なんか公式カップリングみたいになってきたよね。ドラマCD系とか特にさ」

ラフィーナ「フィバチュー時点だとむしろクルアミっぽいイベントの方が多かった気がしますけどね」

アミティ「別にいいじゃん!;そんなこと言ったらリデルなんてタルタルとの関係性ギャビンと900くらいなくなってきたよ!?」

クルーク「それはタルタルが傷つくから止めてあげて!;ただでさえ出番ないのに!;」

シェゾ「ところで、俺たちのフィーバータイプってどんな感じだったっけか?」

レイ「……(プレート:

【バランス重視タイプ】
アミティ、レムレス
【自力で大連鎖タイプ】
クルーク、シェゾ、アコール先生、あやしいクルーク、エコロ、ラフィソル
【自力で連鎖タイプ】
アルル、サタン、ドラコ、リデル、アリィ
【とにかく大連鎖タイプ】
ラフィーナ、ルルー、カーバンクル
【フィーバーで逆転タイプ】
りんご、シグ、ウィッチ、すけとうだら、ユウちゃん&レイくん、さかな王子、くろいシグ、おしゃれコウベ
【こつこつジャブ攻撃タイプ】
まぐろ、どんぐりガエル、バルトアンデルス、タルタル、こづれフランケン
【てがたくフィーバータイプ】
フェーリ、おにおん、りすくませんぱい、ほほうどり

作品によってタイプが違う人もいるから微妙だけど、確かこんな感じ)」

アルル「パワーバランス、自力で大連鎖タイプに偏り過ぎでしょ」

りんご「確かに、ダメガネを除けば錚々たるメンバーが揃ってますね……;私たちのチームも強い方ですけど」

クルーク「除くなよ!;でも確かにボク以外殆どラスボスなのは居心地が悪そうだな」

ラフィーナ「私のチーム、3人しかいない上に内2人が物理特化なんですの?;」

アルル「キミのチームは一匹チートがいるからいいじゃないか!;ボクなんてツノ3人とヘンタイ2人だよ!?;」

シェゾ「すごい纏め方したな!;そして未だに『ヘンタイ』以外のイメージを持たれてないアリィが浮かばれねぇ!(汗)」

アミティ「とりあえず、人数バランスは整えたいから各チーム4人までにしよう!4人に満たない所は適当に誰かさらってきて!」

ラフィーナ「Σそんな適当な!(汗)」

アミティ「じゃ、あたしは早速ビブリオバトルの準備してくるよ!各自本を持参して首を洗って待っとけ!」ダッ

りんご「先生!エロ本はビブリオに入りますか!?」

アミティ「入るか」

真田「入る」

シェゾ「誰だ今の」





アミティ「さぁさぁやってまいりました!第二回ヴェイタルフェスティバルinアミティアリーナ!司会のアミティです!」

レムレス「奇しくも『アミティアリーナ』って実在の名前なんだよね。あ、どうも。彗星の魔導師レムレスだよ」

アミティ「運命感じちゃう!今回は前のチンピラ相撲じゃなくてホントのトーナメント戦らしいよ!早速組み合わせをみてみよー!」


tn1.png

アミティ「はいジャーン!6チームだからしょうがないけどシード多っ!;ちなみにシードはじゃんけんで決めました!」

レムレス「ん?;何か見慣れない英字の羅列が……;アミティ、これは?」

アミティ「R●BYのトーナメント戦に習って、TDN方式でチーム名をつけてみた!らしいよ!」

レムレス「普通にRWB●方式って言えばいいじゃないか!;なんで一度汚い例で品位を落としたの!?;」

アミティ「ごめんごめん、きれいなものは汚したくなる派で……」

レムレス「そんな流派聞いたこともないよ……;えーと、初戦はASDRとRRCEだね」

アミティ「チーム対抗のトーナメント戦って何気に初じゃない?楽しみだね!では早速レッツゴー!」


~~~

『さぁまもなく第一試合が始まろうとしています!まずは自力で連鎖タイプ、ASDRの入場だぁー!』

『なんか、ASMRみたいな名前だね』


アルル「で、結局このチームか……;頼むよサタン!;おおよそキミだけが頼りだ!」

サタン「任せろアルル!どんな相手が来ようと粉々のケチョンケチョンのスパイシーツナロールにしてやる!」

リデル「それ死亡フラグですよお兄様!;落ち着いていきましょう!」

ドラコ「がおー!何かやたらツノ持ちが固まった連鎖タイプだったんだな、あたしたちって」

アルル「その中に一人だけボクが放り込まれているのは何か悪意を感じずにはいられないよ」

サタン「大丈夫だアルル。アルルはたまに鬼なときもあるが、私はそういう部分も含めてお前を愛しているっ!」

アルル「もぉホントに健気だねキミってやつは……(泣)断じて好きにはならないけど」


『対するは圧倒的物理特化!&マスコット一人!とにかく大連鎖タイプのチームRRCEです!』

『あ、RRCE……どう発音すればいいのかな?;』



ラフィーナ「カーバンクルさん……私は『魔法が得意そうな人を探してきて』と言ったんですわよ!?;」

カーバンクル「ぐぐっぐーぐー!」

エフィール「おっとラフィーナ、私が仲間で何か不満があるかい!?拳拳アンド拳、上等じゃないか!」バシッ

ルルー「拳っていうか、蹴りだけどね。三人共だいたい」

ラフィーナ「はぁ……;こんなメチャクチャに偏ったチーム、先行きが不安ですわ……;」

エフィール「大丈夫だよ!ぷよぷよの世界にヤドランはいないから!むしろ接近戦に弱い人の方が多いし」

ルルー「それにカーバンクルがいるから、正直どうとでもなる気がするわね。でも手を抜くんじゃないわよ、皆!」


『では、第一試合、ASDRvsRRCE……ゴーッッシュゥゥゥウーーーッ!!』

『Σそれは別のゲームの掛け声でしょ!?;』



アルル「さぁ行けサタン!カイザージャッジメントだ!;すべて吹き飛ばしてしまえ!」ビシッ

サタン「ま、待て!;相手にはカーバンクルちゃんがいるじゃないか!;傷つけるなんて私には出来ない!」

アルル「甘えたこと言ってんじゃないよ!;向かってくるオルフェノクは全部敵だって言ったでしょ!?」

ドラコ「サタンがいれば半分は勝ったようなものだと思っていた。想定外ですよ」

リデル「なんでいきなり試合後のインタビュー風になってるんですか?;しかも負けを想定しないでください!;」

ラフィーナ「な、何か知らないけど相手が揉めてますわ!今のうちに総突撃!」ダッ

エフィール「よし来たどんどん!オリキャラとしてデビューして苦節6年、ついにカッコいいとこ見せちゃるけんのう!!」ダッ

ルルー「威勢だけはいいようだけど、せいぜい足を引っ張らないことね!」ダッ

アルル「Σほら来ちゃったよー!;サタン!カーくんはもういいからあのエビワラー3人組を早くなんとかして!」

サタン「お、おう!;えーと、タイダルウェーブ!」

アルル「えっ」



            _/⌒ ̄⌒`´ ̄`~ヽ'ー--、
           _/      ιυっ ̄~つyへつ
         /    フっιつ人´ / /つυ^っへ  っっ
       /   /つつ。o/ / / /  ^つっへυっつ
      _/     〉o°o。   。 / /  /°>つっっっつっっ
     /      \γ、。 o 。 /o。/ /つっっつっつ
__/           `⌒ヽっ/ 。/  / っつ) っつっつ
=/     っっ       τ-っつつっ、。|    つ  っつつつ
 ̄     っっ )) )       っつつつ。|          っっつつ
  つつっιつ) ⌒つっ)   っつっつ。 °|  °           o 。
  っつっo °。 υつ っ つっυ。o。°| ° °           °。
 っ\\っoっ。  °° つ。°°。o。o。\o。° 。°°。       。°。
  つっつ _o°°。 ° ° 。o/⌒\。 o\°°o  。     /У\°
 )へ)つ\///`ー、_ ° °。_/    \°。\。 。°°   /WMW、\
  へ)。°|\\\\`ー、 ,~´ へっυ   ̄ ̄ ̄\°°__/______\ ____/
 ( ̄o°oヽ、 \\,O、/~   つっへっ   \ へ  \       
  \__/ ̄ ̄ ̄ ̄    っっつ         へ  \
           \  っつっっつ             ___ へ \
        っ   フつ   っ  つっつっ     \\   
  /つっつつっ ⌒っ⌒つ    つ   っ つ\。° \ヽ______          /
 /。 ))  つっつ  つっゝ  つっ つ  つ つ\°。 \^/^/^/^^^^  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/~
 | |。|。°|°。つっつつつっ   っつ  つ  っつ\。° \―・――・――・――・/  ~
,/ |。|°。|。。(°(。(  フつつ    っフ    つ   っ\    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//~~



アミティ『さ、サタンのタイダルウェーブだぁぁぁあ!;なんという不謹慎!なんという全体攻撃!;RRCE万事休すか!?;』

ラフィーナ「Σええぇ!?;いきなり大技すぎますわよ!;こんなのどうしろって言うの!?(汗)」

エフィール「怯むなラフィーナ!波に乗るんだよ!サーファーのように!」ダンッ

ルルー「もしくは、モーゼのごとく海をぶち割る!『風神脚』ッ!」ザンッ

レムレス『おお!ルルーさんの蹴りの圧倒的風圧で津波がまっぷたつに!』

エフィール「Σえ!?;ちょ、ちょっと!人が波に乗ってるときに勝手に海を割らないでよぉぉぉ!」バタッ

ルルー「だから足を引っ張るなと言ったでしょう!はぁぁああっ!!」ダッ

アルル「げげっ!;いつの間にこんな近くに……リデルッ!!」

リデル「はいっ!『テンポラレスコ』!」ゴォォォォ

ルルー「くっ、暴風で前に進めないっ……!;」

リデル「ルルーさん?お兄様は……私だけのものですからね?」ニコッ

ルルー「なんだァ?てめェ……」

「「………!!(メンチの切りあい)」」


レムレス『な、なんかあそこマジ喧嘩起こしてない?;大丈夫かな』

アミティ『大丈夫だよ、いつものことだし。それよりRRCEのコンビネーションが悪いけど大丈夫か!?』

ラフィーナ「大丈夫じゃないですわよ!;そ、そうだ、カーバンクルさん!ビームですわ!
リデルさんはルルーさんが相手をしていますし、サタン様は大技を出して疲労している!チャンスですわッ!」クルッ

カーバンクル「zzz………」グーグー

ラフィーナ「Σ試合中に寝るなですわぁぁーーッ!;;」ダンッ

アルル「ごめんねラフィーナ。カーくんって自分の興味のない人に対しては初期リザードン並の態度だから」

サタン「そんなところもカーバンクルちゃんの可愛い所だ。そしてラフィーナ!お前はひとつ勘違いをしている」

ラフィーナ「え?」

サタン「あれが大技だと?”あんなもの”、私にとっては中級呪文とも呼べないぞ。大技とは……」コォォォォ

ラフィーナ「っ!で、でかいのが来る!;お姉さま!」

エフィール「OK牧場!」ダッ

サタン「こういう技の事を言うのだ!サタンクロs

エフィール「『シュット・ドゥ・フードゥル』!」



      /!/{  / ヾ–r
   _  /     ̄    <_   ←サタン
 _>`´       ___<_
  >    r‐’” ̄ ̄ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二    
/ ,    |  `ヽ/ ´`ヽ _  三,:三ー二
 ̄/    |   ノヽ–/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
 / /⌒ヽ,|  ミ }  …|  /!
 レ l d     _}`ー‐し’ゝL _
  | ヽ、_,   _,:ヘr–‐‐’´}    ;ー——
  |/|  \   ノ`ヾ:::-‐’ーr‐’”==-
    ヽ/l/|` ー——r‐’”    ̄ ̄
      |└– 、__/`\-:、
     __,ゝ,,_____/ \_」 \


サタン「Σぐはぁぁっ!;は、鼻がぁぁっ!;私のハンサムな顔面がぁぁーっ!!;」ジタバタ

アミティ『な、なんだ今の技はー!?;エフィールの拳が……と、と、飛んだ!?ロケットパンチ!?;』

レムレス『あれは自分の拳を一時的に雷に変えて飛ばしたんだね。単純だけど強力な技だ』

アミティ『そ、そうなの?;ていうかエフィールって無詠唱の魔法しか使えないんじゃ……;』

エフィール「モチよ!でも黙って出すのも地味だから一応つけた技名を叫んでるだけ叫んでる!」

アミティ『なんなんだー!;』

ラフィーナ「お姉さま、ナイスですわ!」パンッ

エフィール「へへ、これくらい朝ミサ前よ!」パンッ

ルルー「キリスト教か!;」

サタン「ぐっ……;も、もう許さんぞそこのピンクいの!;私を怒らせた事を後悔させてやる!」プンプン

ラフィーナ「ピンクいのって二人くらいいますわよ!?;視聴者に配慮した呼び方にしてください!」ダッ

アルル「うーん、まずいね……;カーくんが寝てるうちはいいけど起きたらゲームセットだよなぁ」

リデル「とりあえず一人ずつ集中的に狙って確実に潰していきましょう。私がEと泥棒猫を揺動するので皆さんはラフィーナさんを!」

アルル「Eと泥棒猫……ああ、エフィールさんとルルーね。なんか芥川賞とか受賞しそうだ!でもわかったよ!」

ドラコ「ラフィーナだね!よーし、いっくよー!『ファイヤーブレス』!」ゴォォォォ

ラフィーナ「!くっ、ネージュ!!」ドォン

アミティ『ファイヤーブレスとネージュが相殺されて当たりに煙が!;こうなると大体そろそろ一人死ぬ流れだ!』

ラフィーナ「縁起でもないこと言うなですわ!;」

アルル「でもそのとおりになるかもね!『サンダー』!!」ダンッ

ラフィーナ「っ!?いつの間に上に……『フーダルティ』っ!」ドカーン

アルル「おっと、蹴りの勢いで逃げるとは考えたね……しかし甘い!サタン!!」

サタン「おーともよ!『ジャガーノート』!!」ドォォォ

ラフィーナ「よ、読まれてた!?;避けられな……

エフィール「ラフィーナッ!!」ダッ

リデル「行かせませんよ。『バインドプラント』!」ボコン

エフィール「なっ!;、つ、土からツタが生えてくるんだ!?絡まって動けないっ!;」ジタバタ



     ヘ⌒ ⌒ ⌒ へ、           、、
   イ ""  ⌒ ) ヾ ヾ      ─|─  ヽ      /
  ( (  ミ ⌒ ,, ヽ )ヽ)    / | \  _/   ,
   (  イ  、;; ,ノ ヾ ) )
   ゞ (.  ミ  .  ノ. .ノノ...
   ::ゝ、、ゝ....'',,,,,....., , ノソ:::::



アミティ『決まったーーー!ラフィーナ、ノックアウト!4vs3の様相になりましたー!』

レムレス『カーバンクルがまだ寝てるから、実質4vs2だね。でも諦めちゃダメだよ!頑張れーRRCEー!』

エフィール「ラフィーナがやられた!この人殺し!」

アルル「いや、殺してはないから……;次はキミだよ!オリキャラ風情が永く居止まってはいけない!『じゅげむ』!」

エフィール「いーや!私は生きる!生きて……戦う!『オラージュ』!」

ドォォォン……

リデル「また黒煙が。パターン入りましたね。じゃあ、今のうちにルルーさんを拘束……」

ルルー「私がなんですって?」トスッ

リデル「」バタッ

レムレス『おっと!黒煙に紛れて気配を消していたルルーが後ろから手刀一閃でリデルをノックアウトだ!』

アミティ『恐ろしく速い手刀。あたしじゃなきゃ見逃しちゃうね』

レムレス『いや、ボクも見えたんだけど……;』

アルル「リデル!;」

ルルー「一人を狙うあまり私へのマークを怠るとは本末転倒ね。これで3vs3よ!」

アルル「うぅ~、なんか……もう面倒くさくなってきたな」

エフィール「えっ」

アルル「サタン、カーくんはボクが守っとくからさ。もう終わらせてくれない?」

サタン「いや、しかしルルーが……;」

アルル「ルルーに手加減するつもり?それはルルーにかえって無礼だと思うよ。キミはルルーを一人前の戦士として認めてないの?」

ルルー「えっ」

サタン「た、確かに……私は無意識のうちに彼女の誇りを傷つけようと……」

アルル「わかればいいんだよ、わかれば。さぁサタン!こんな茶番さっさと終わらせよう!」

ドラコ「ちょ、ちょ、ちょっと!?;あたしの存在意義はー!?」

アルル「今から一緒にカーくんを回収しにいくんだよぉーっ!そしたらサタンがエグゾードフレイムをぶっ放してジ・エンドだ!」ダッ

ドラコ「べ、べつにいいけどぉ……;討伐数ゼロなんですけど!」ダッ

アミティ『あーっと、思ったより長尺になっちゃってこのペースで残り6試合やれる気がしないからって露骨に短期決戦に出だした!;』

レムレス『ぶっちゃけすぎだよ!;でもサタンが本気を出したらゲームセットは免れないね、どうなるこの試合!?』

ルルー「くっ、エフィール!;カーバンクルを死守するわよ!ついでにひっぱたいてでもなんでもして起こして!」

エフィール「オッケー!オラ何か黄いろい生物、起きろ!」ベチンベチン

カーバンクル「ぐー……」グーグー

アルル「無駄だよ!そのカーくんは、ボクの『どうぞ』という声にしか反応しないんだ!」ダッ

カーバンクル「ぐ?」パチッ

アルル「あ」

ルルー・エフィール「「えっ」」

カーバンクル「ぐぐ?」ファー

ルルー・エフィール「「………」」

アルル・サタン・ドラコ「「「………」」」


アルル「カーくん!!そこのピンクがキミのカレーを全部食べちゃったよ!!

エフィール「Σはっ!?;あ、アルル!?何を

カーバンクル「ぐぐ!?ぐ………ぐーーーーーーーー!!!!

「「ちょ




            . -‐ニ ̄ニ‐- .
       _/           \_
 =二 ̄ /               ',  ̄二=
     ̄7'' ―― ___ ―― 戈 ̄
――― 从,,i ;         `. 、 .尢r、――――――
      /\じ'jl|此ト=メ i;_,,爻,,i| 刈ゞメ
       ``‐ヾ:;!Iヅ 〃!iメト辷-" ^






アミティ『……え~、これは……レムレス、なんていうのかな』

レムレス『そうだね……チームRRCEの……オウンゴール、ってことになるのかな?』

アミティ『と、いうわけで~!;カーバンクルについて熟知していたアルルが逆利用してダブルノックアウト!ASDRの勝利です!いいのこんなんで!?;』

ルルー「な、納得いかないわ……;」プスプス

tn2.png




アミティ『さぁ続いての試合だ!まず入場したるはりんご率いるフィーバーで逆転タイプの『RWSY』!」

レムレス『奇しくもチームRWBYと一文字違いなんだねぇ。バルがフィーバーで逆転タイプだったら面白かったかも』

アミティ『一小説で二回も「奇しくも」なんて言葉が出てくることある?;そして伏せ字クラッシャーやめてよ!;』



りんご「うっしゃーやったるで!チームバランス的にはまぁまぁよろしいのではなくて!?」

ウィッチ「魔法が得意な方が2人、どちらも行ける方が一人、魔法が使えない方が一人……が、ですの?(汗)」

りんご「ある意味コンプじゃないっすか!;あとユウレイを1名として数えるのは若干チート疑惑があるが大丈夫か!?;」

ユウ「モーマンタイ!あたしたち、ぷよぷよでもちゃんと2人で1キャラだもんねー!なんも問題ありまーせんっ!」

レイ「……もんだいなーし」

シグ「よーし、やるぞー」



アミティ『対するは最も嫌われたタイプ!圧倒的ウザさ!こつこつジャブ攻撃タイプのチームMDBTだー!』

レムレス『確かにちょっと鬱陶しいタイプではあるけど言い過ぎじゃないかな?;』



まぐろ「いおりんのペチペチマジ最高★」

どんぐりガエル「ケロケロケ~!」

バルトアンデルス「バウ、バウバウバウ!!」

タルタル「……オイ、植物や動物は好きだけど、チームの約半数が人語をしゃべれないのはどうなんだなぁ?;」

まぐろ「そういうタイプ分けなんだからしょうがないね★まぁ、これもなにかの縁ということでひとつよろしく★」

タルタル「思いの外前向きなんだなぁ!;わかったんだなぁ、よろしく頼むんだなぁ!」



『第二試合、デュエルスタンバイ!!』

『Σそれも違うよ!;』



りんご「よし、作戦通りに行きますよ!レイくん、地雷大量設置よろしこーりん!」

レイ「……『サイレントトラップ』」ドドドドドドド

アミティ『で、出た!;リザレクションのレイくん十八番のサイレントトラップ!;目に見えない地雷が大量に埋め込まれていく!;』

レムレス『あ、サイレントトラップって地雷の技だったんだ。ていうか、地雷は目に見えないのが普通じゃない?;』

りんご「どうよまぐろくんと愉快な仲間たち!これで満足に動き回れまい!どんぐりガエル以外まともに飛び道具を持たぬあなたたちはこれだけでだいぶ行動が制限される!」

まぐろ「ボクの剣玉……は、射程が短すぎるもんね★飛び道具ではないか★やるねりんごちゃん★」

りんご「しかし我々は違う!ユウレイは浮いてるので言わずもがな、ウィッチは箒で空を飛べる!」

ウィッチ「そのとおりですわ!空中から御免遊ばせ!『メテオ』!!」

アミティ『出た!ウィッチといえばこれ!メテオだー!;降り注ぐ隕石!どうするMなんとか!』

レムレス『Σ忘れないでよ!;確かにMDBTって覚えにくいけど!』

タルタル「オイに任せるんだなぁ!ストンプ!!」ドッカーン

ウィッチ「Σ!?;わ、私のメテオを腹で止めやがりましたわこのデカブツ!?;」

りんご「木戸川清修のタフネスブロック使うあいつか!;怯むなウィッチ!ダメージはあるはずDEATH!」

ユウ「あたしたちも加勢するよーっ!『レッドウィプスカモン』!」ボッ

レイ「……ブルーウィスプカモン」ボッ

タルタル「Σあちちちっちなんだなぁーー!?;」アタタ

りんご「ふははははは!母!どうよこの方程式!まぐろくんさえ封じてしまえば
     こんな小動物の寄せ集めチームなんてわけないんですよ!」

まぐろ「うーん、それはどうかなりんごちゃん★」

りんご「ぬ?」

まぐろ「確かにこのチームの仲間は出番が少ない。リストラを食らったりもした。
でも決して弱いわけじゃない。ボクや他の皆と同じ、力強いタマシイを持った仲間だ★」

どんぐりガエル「ケロロ……」

バルトアンデルス「バルル……」

タルタル「まぐろ……」ジーン

まぐろ「バル。キミは嗅覚が優れているね?★レイくんが埋めた魔法の気配を追えるかい?★」

バルトアンデルス「バウ!クンクンクン……ワフワフ!!キャウーン!」

まぐろ「オッケー★じゃあキミなら地雷を避けて進めるはずだ★そしてキミは身体が大きいからボクが上に乗っても大丈夫だよね★」スッ

バルトアンデルス「バウ!」

まぐろ「反撃開始だ★智将りんごちゃんの所へ向けてレッツゴー★」ダンッ

アミティ『おーっとこれはすごい!;あの地雷の山をバルが嗅覚を頼りに上手くくぐり抜けているぞ!』

レムレス『まぐろはけん玉で上から攻撃できるってわけだね。地雷を踏めないのはりんごのチームも同じだから、
      りんごに対してこれは相当有効だと思うよ』

ウィッチ「りんごさん!;今助けますわ!クエー……

どんぐりガエル「ププププププッ!!」ドドドド

ウィッチ「きゃーー!?;こ、このカエルどんぐりを吐きましたわ!;しかも意外と痛い!(泣)」ジンジン

どんぐりガエル「ケロケロ……ケロケロケロケロケロケロ!」

タルタル「『ここは一歩も通さない』って言ってるんだなぁ!」

まぐろ「サンキューどんぐりガエル★フォーエバーどんぐりガエル★そして覚悟せよりんごちゃん★」ドドド

りんご「ぐっ、さすがだまぐろくん!;敵ながら秋晴れと言わざるを得ません!」

シグ「それをいうなら、あっぱれ?」

りんご「しかしまぐろくん!軍師とは策をいくつも講じておくものだ!私がこのままやられると思った!?」グッ

まぐろ「おーっとりんごちゃんが何やら怪しげな動きを★例のベルトか?★気をつけろバル★」

バルトアンデルス「バウ!」ダダダ

りんご「はぁぁああっ!!」バキューン

まぐろ「っ!!」グラッ

アミティ『Σ撃ったぁああー!!;ちょっと反則でしょそれ!?;ファンタジーのバトルに銃持ってくる奴があるか!;』

りんご「銃じゃないっすよ!;よく見てください!」

レムレス『あれは……もしや「羅漢銭」?』

アミティ『知っているのかレム電?』

レムレス『ちょっとね。指弾ともいうのかな、大昔の暗器の一種だよ。指先で銭を飛ばして攻撃するんだ。ちょっと変わった投石の一種と思ってもいいかもしれないね。投石の強さを知ってる人ならその強力さは想像に難くないはずだよ』

アミティ『めっちゃ喋るな!;なるほど暗器!なんかりんごっぽいね!和の武器っていうのもなおさら!さぁまぐろくんの体制がちょっと崩れたけどどうなる!?』

まぐろ「ぐっ……やるねりんごちゃん★でも落馬ならぬ落犬させられなかったのが運の尽き★けん玉の射程圏内に入ったよ★」

りんご「これは怒らないでマジレスしてほしいんだけど、キミは幼稚園の頃からの親友を本気でけん玉とかいうヤバめの鈍器でどつくつもりなの?」

まぐろ「ちょっと★そういう揺すり方なしでしょ★試合なんだから★」ブンッ

りんご「さすがにダメだったか!;うおおおイナバウアー!マトリックスで鍛えた回避スキルを見よ!」ズァッ

まぐろ「りんごちゃんの体制が崩れた★チェックメイトだ★」

りんご「それはどうかな?まぐろくん、君はひょっとすると私に誘い込まれたのかもしれんぞよ?」

まぐろ「なんだって★」

りんご「最初に地雷を敷く指示をしたのは誰だった?私ともあろうものが闇雲に地雷を敷いたと思うか?バルが魔法の気配を嗅ぎ取ることを予測できないとでも!?」

まぐろ「……まさか★」ヒュゥゥゥゥ

ゴンッ


まぐろ「★」バタン

りんご「魔導に詳しくないあなたが知らなかったのも無理はありませんが……この世には数ターン後に発動する魔法もあるんですよ」

ウィッチ「『メテオストライク』ですわね。予めこの地点に落ちるよう詠唱しとけって指示されてたんですのよ」

バルトアンデルス「ばう!?;ば、ばうばう!;」

りんご「さぁ、あとは残党掃除です。レイくん、地雷を解除しろ!あとは頼みましたよ、シグ」クルッ

レイ「……うけたまわりー」スッ

シグ「しょーがない、がんばる。勝ったらムシもらえるって約束したから。……」

シグ「」ヴンッ

タルタル「!?;し、シグの霊圧が消えたんだなぁ!?;」

どんぐりガエル「ケ、ケロケロk



ザシュッ

ザシュッ

ザシュッ





レムレス『……』ポカーン

アミティ『えーと……シグが、トリプルノックアウトをキメて…チームRWSY、ほぼ無傷で準決勝進出で……す?;』

レムレス『ねぇ、僕らがとやかく言えることじゃないのはわかってるけど、これ……;』

アミティ『うん……;どう考えても、連鎖タイプのチームバランス悪いよね……;』

tn3.png




『さぁ、試合もいよいよ準決勝だ!2試合あるけど!;まずは一試合を華麗に勝ち抜いたASDR入場です!』


アルル「ねぇ、次ボクらが当たるのって……;」

サタン「あぁ……;」

リデル「これは……」

ドラコ「死んだかもね……;」


『続いてはシード校!悪魔的メンツ!アコール先生がいないだけマシと思え!SKERの入場です!』


シェゾ「やっと俺たちの出番か。アルル、今日という今日はその魔力奪ってみせるぞ!」

クルーク「珍しくちゃんと言えたね。にしても、このチームはなかなか……;」

エコロ「えげつないよねー!今回はラフィソルちゃんが入ってるけど、アコール先生だったらと思うとぞっとするよ!」

ラフィソル「それは私では役不足ということか?私も舐められたものだな」

シェゾ「『役不足』を平然と誤用するような言語力の奴にカッコつけられてもな……;」

ラフィソル「なっ……そ、そういうの揚げ足取りって言うんだぞ!;」

エコロ「まぁまぁ日村さん!せっかく同じチームになったんだから愛し合おうよー!」

ラフィソル「誰が日村だ!;……まぁいい、私はすべてを奪う者だ。この試合の勝利の座も奪って見せる」



『ゴ(ry』

『そ(ry』



アルル「いけサタン!;今度こそカイザージャッジメントだ!;もう躊躇うような相手なんていないでしょ!?」

サタン「もちろんだ!むしろ吹き飛ばしたい奴しかいないくらいだ!覚悟しろラスボス衆!」ゴゴゴゴゴ

シェゾ「Σまずい!;奴にカイザージャッジメントを撃たせるなァーッ!!」

エコロ「おまかせあれー!『サイレス』!!」

サタン「カイザー……何ッ!?;呪文が唱えられない!なんだその魔法は!?」

エコロ「カンフーーーーー!!」

シェゾ「Σ絶対違ぇだろ!;しかしナイスアシストだ!いいかお前ら、サタンを直接殺るのは難しすぎる!だから魔導力を奪う方向性で行くんだ!」

クルーク「なるほど、理にかなっているね!MPが枯渇すればただのコスプレおじさんだ!『マジックスナッチ』!」シュゥゥ

サタン「Σ未だにコスプレと勘違いしてるのか!?;そしてMP切れを狙うとは卑怯な!;」

シェゾ「『マジックスナッチ』!」シュゥゥ

ラフィソル「スナッチ!!」

シェゾ「Σそれはお前の攻撃魔法だろ!;魔導力を奪えと言ったんだ俺は!;」

ラフィソル「ええい、うるさい!;そっちこそなんだその古臭い呪文は!?」

アルル「なんか揉めてるけど、サタンの魔力を枯渇させに来るのは大変まずい戦法だ!;早めに誰か仕留めよう!」

ドラコ「あの中で一番弱そうなのはー……メガネのやつ!」

リデル「正解!」

クルーク「Σちょっと!?;正解ってなんだよ!!そもそもクイズじゃないし!(汗)」

アルル「でも、確かにクルークは厄介だよね。あやクルに変わるっていう切り札もあるし、まずあいつを倒そう!」

サタン「了解だ!若干魔力吸われたが私の貯蔵からすれば蚊に刺されたようなものだ!」

リデル「さすがですお兄様!『蚊に刺されたようなもの』という慣用句を違うアプローチでありながら字面的に正しい用法でお使いなさってます!」

サタン「褒めてるのかそれは?;まぁいい!クルーク、お前に恨みはないが安らかに眠れ!『ディザスター』!」

クルーク「眠ってたまるか!;『プロミネンス』!」

サタン「その程度の呪文が……かすり傷になると思うなぁっ!!」ザァッ

クルーク「Σどういうこと!?;致命傷になっちゃうよそれじゃ!;……って、うわあああ!!」ドゴォォォ

シェゾ「クルーク!;くっ、奴め!呪文の威力がデタラメだ!やはりMPを切れさせなければ……」

アルル「おーっと、そうは行かないよ!キミの相手はボクだ!じゅげ

シェゾ「エコロ!!」

エコロ「やぁカノジョ、ボクとお茶しない?ていうかLINEやってる?ホテル行く?w」ズサァァァ

アルル「Σう、うわぁぁぁぁ!;凄まじい生理的嫌悪感がぁ!;あっちいってよ変態!!」

シェゾ「よし、やはりアルルはエコロが苦手なようだ!エコロ、足止め頼んだぞ!」ダッ

エコロ「オーケー牧場!さぁアルルちゃん、今日という今日はボクに身体を明け渡して快楽に落ちなさーい!」

アルル「最低なしかるねこか!;キミの相手なんてごめんだねっ!リデル、お願い!」サッ

リデル「え、えぇ~…;私も若干ごめんなんですけど……」

アルル「そんな森久保みたいなこと言ってないでこのゲス野郎をぶっ飛ばすんだよォーッ!!」

リデル「は、はい!;『テンペスタ』ー!」

エコロ「ちょ、いきなり最大呪文!?『ミューテーション』!!」


ドゴォォォォ……


アミティ『さすが準決勝だけあってレベルが高いね。あたしたちが解説挟むヒマもないくらいだよ』

レムレス『なんか、今回もちょいちょい……;うん、まぁいいや。今の所一進一退って感じだねぇ』

アミティ『SKERはサタンに手を焼いてる感じだね。ラフィソルがやけにおとなしいけど、どうしたんだろう』

レムレス『もしかするとなにか狙ってるのかもしれないね。様子を見てみよう』



ドラコ「バーニングブレス!」ゴォォォ

クルーク「わったたたた!;やっぱりボクを狙ってくるか!;『ラボレスソリス』!!」ガキィン

ドラコ「カウンター!?でもあたしに炎は効かないよ!あたしゃもらい火だからね!がおおおおお!!」

クルーク「そんなメチャクチャな!;くっ、ここは一時撤退を……」

リデル「『バインドプラント』」

クルーク「Σそれずるいだろ!;蔦が絡まって動けないっ!;だ、誰かタスケテ!!」

シェゾ「助けてる余裕なんかねぇよ!こちとらハゲ魔王の隙を見て魔力をかっさらうのに精一杯なんだ!」ガキィン

サタン「なかなかやるなシェゾ!しかし魔王たる私に勝てる者など何人たりともいないことを知れ!」ドォン

シェゾ「お前こそ、俺をあまり舐めるなよ」スッ

サタン「!?;げ、幻影だと!?」

シェゾ「後ろだ!『ダークバインド』!!」ドォォォ

サタン「拘束呪文か!小賢しい!『ディスペ

エコロ「サイレスー♪」

サタン「Σだからなんなんだその魔法は!?;私は魔王だぞ!?;なぜこうも簡単に詠唱が封じられる!?」

シェゾ「坊やだからさ!お前ら!サタンの拘束に成功したぞ!魔力奪いたい放題イベント開催だ!」

クルーク「Σこっちも縛られて身動き取れないんだけどぉ!?;」

シェゾ「やかましい!早く『あれ』してマジックスナッチまつりに参加しろ!」

クルーク「くっ……;気がすすまないけど、仕方ない!チームのためだ!後は頼んだよ、『あやクル』!」

リデル「!」

あやクル「なかなか粋なタイミングでパスを出すじゃないか、クルーク。良いだろう、後は任せろ」

アルル「くっ、遅かったか!;リデル、ドラコ、一旦下がって!」

あやクル「『アニマ』!」ボッ

アミティ『おーっと、あんな弱い呪文で蔦の束縛が解かれたぞ!流石あやしいクルーク!みんなのチートだ!』

シェゾ「マジックスナッチ!マジックスナッチ!マジックスナッチ!!」

エコロ「マジックスナッチマジックスナッチマジックスナッチ~♪」

サタン「や、やめろ!;よせ!くっ、なぜRPGというのはMPへの攻撃を防ぐ呪文がないのだ!?;」

シェゾ「メタりすぎだろ!;大体のゲームはMPの方が回復難しいもんなんだよ!!」

アルル「何やってんのサタン!;『コンディア』!!」

シェゾ「!」ザッ

アルル「ダークバインドを解除したよ!その翼なりなんなりで射程外へ逃げて!!」

サタン「そ、そうか!うおおおお!バサバサ翼、妖精の翼!背負いやすいすいッ!!」ダンッ

アミティ『意味分かんないこと言いながら飛んだァーー!!;』

シェゾ「っっし!待っていたぜ、この時を!!ラフィソル!」

サタン「何ッ!?」



ラフィソル「おやサタン、奇遇だな。実は私も舞空術は得意でね」

ラフィソル「こうして『ハイド』の魔法で空に姿を隠しながら、延々と増幅呪文を唱えていたのだよ」

ラフィソル「いくら魔王と言えど、何十回と重ねられた増幅!無事では済むまい!!」ゴッ

サタン「ま、まずい!;『イクリプス』!」

《しかし MPが足りなかった!》

サタン「Σ何ィ!?;いつの間にかイクリプスも唱えられないほど吸い取られていたのか!?;」

ラフィソル「終わりだ!『ディスオーダー』ァァァァァ!!





                 .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
          , .;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
    ,. ; ,+X'∴゙.':;:;::;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.x ;、 、
   +:'、+     .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   +、', 、
  ゙,∵,、      .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   , +,∵
   ` ∴',+:; . , .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.    , +: ∵
      `'∵',+'∴; ,:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:, . , ;  + ;∵ '゙
         ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "
            .:;:;:;:;:;:;:.`^ ゙..゙  ^ ".:.: ^ ".:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                   .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....




アルル「さ、サターーーーン!!;」

アミティ『な、なんということだ!;サタンが空中でぶっ飛ばされてしまったー!?;』

レムレス『あのサタンをノックアウトさせるとは、それだけでも大金星だね』

リデル「お兄様ー!?;」

ドラコ「う、嘘だろ!?;あのサタンがあんなラフィーナみたいな名前の奴に!?;」

ラフィソル「Σそれは関係ないだろう!;」

シェゾ「おっと、よそ見をしていていいのか!?こっちはこっちで、吸い取った魔力が有り余ってんだぜ!」

アルル「っ!;いつの間に……」

シェゾ「お前らも吹き飛びやがれ!『アレイアードスペシャル』!!」

アルル「Σまずいですよ!!;『アウローラ』!!」

シェゾ「Σお前それ究極呪文だろ!?;こんな所で使うなや!!」


ドゴオオオオオ


アルル・シェゾ「「」」

アミティ『おーっと!;魔導ASがダブルノックアウトだ!;お幸せに!?』

レムレス『そんな太宰治みたいな幸せの求め方はごめんだ!;』

リデル「え、えーっと、残ったのは私とお姉さまだけ……?;」

あやクル「ふむ。どうやら、勝負あったようだな」

エコロ「だね。防御型のリデルちゃんとザ・弱キャラのドラコちゃんじゃどうしようもないよ」

ドラコ「なにげにひどい!;確かにぷよぷよは弱いかも知れないけどあたしだってやるときゃやるんだぞ!」

あやクル「そうか。まぁ、次があるさ。頑張れよ。『ハイドレンジア』」

エコロ「ま、そういうことで!『イーミテーション』!」

リデル・ドラコ「「ちょ





tn4.png




りんご「さて、次の相手はどうも前の試合よりラクそうですね。サクっと終わらせちゃいまSHOW!」

ウィッチ「そういうセリフを言ったチームはだいたい負けるんですわよ?;」

シグ「そーなのかー」

ユウ「あーそーなの!」

レイ「……(プレート:逆再生ルーミアすき)」



アミティ『対するはシードにしてクセの強いメンツ!出ましたてがたくフィーバータイプ、チームFORHです!』


フェーリ「な、なんなのよこのメンバーは!?;先輩は!?私は先輩としか組む気はないわよ!」

りすくま「まぁまぁお嬢さん。クマも意外といいものですよ」

おにおん「おんおん、おにおーん!」

ほほうどり「鳥も意外といいもんっスよ!」

フェーリ「さ、さ、最悪だわ……;私のほかに人間が一人もいない……!;せめてバルがいてくれれば…;」




アミティ『これ ダメでしょ』

レムレス『ちょっと!;司会がメンツだけ見て勝敗決めちゃダメだよ!;彼らにも底力ってものがあるはずだから』

アミティ『底力とかいってる時点でアウェーじゃないですかやだー!;では第4試合開始!』




りんご「よし諸君!警戒すべきは五寸釘系ヤンデレとりせぱだ!まずは五寸釘をへし折りに行くぞ!」

ウィッチ「りょーかいですわ!いってみよぉ!『アクセラレイタ』!」

シグ「え?なにそれ」

りんご「Σさっき説明したじゃないですかー!;我々の足が速くなる魔法ですよ!フェーリは祈り・呪いを軸にする魔法使いだ!
その媒体となる五寸釘がなければ何も出来ない!だからあれを奪いにいくんです!」ダッ

シグ「そうだったっけー、まあいいや。いくぞー」ダッ

ユウ「ものを奪うならおまかせあれ!ユウレイ配達でーす!」スイー

レイ「……それ、配達じゃない」

フェーリ「くっ、なんてバランスの取れたメンバーなの……!;恨めしいわ!ちょっとクマ!助けなさい!」

りすくま「御意」ダッ

シグ「ぎょいってなーに?」

りすくま「『わかりました』という意味だよ」

シグ「わかりました」ザシュッ

りすくま「危ない!;人が講義をしている最中に攻撃をするな!除名するぞ!はい君、何番?」

シグ「お前は何を言っているんだ」

フェーリ「ちょっとクマ何やってるのよ!;まんまと時間を稼がれちゃってるじゃない!」

ウィッチ「シグは今回そういう役目でしたのよ!では御免遊ばせ!『ブラックホール』!」ゴゴゴゴ

フェーリ「ぐっ、万物を吸い込む暗黒の渦……!;五寸釘がっ……」ググググ

おにおん「オーーーン!!;」シュウウ

ほほうどり「ほっほーーーう!?;」シュウウ

フェーリ「Σ呑まれてんじゃないわよ!;あなたたちもちょっとは踏ん張りなさいよー!;」ググググ

アミティ『なんかものすごいあっさりダブルノックアウトしちゃった!;恐るべしブラックホール!;』

レムレス『ウィッチって人、やっぱり相当強いね。同じ星の魔法を使う者としてプレッシャー感じちゃうな』

りすくま「これはまずい。実験大失敗間近」

シグ「実験大失敗ってなに?」

りすくま「残念ながら講義は終了です殿方。また来期取って下さい」ガサッ

シグ「え」

りすくま「芸術は爆発だッ!!」ドカーン

アミティ『りせぱが何かえげつない色をした瓶を投げた!;ら爆発したァー!;』

りんご「し、シグぅー!;……って、大丈夫ですね多分。化学物質程度で倒れるタマじゃないですから」

りすくま「確かに倒すのは難しいかもしれない。ので、場外に飛ばしてみました」

りんご「えっ」

アミティ『あーっと!?;ふぃ、フィールドにシグの姿が見えないぞ!;これはシグの失格ノックアウトになります!;』

レムレス『そういえば、りんごたちがプリンプに飛んできたのもりせぱの爆発だったね。うまいことやるなぁ』

りんご「りせぱァァァァ!;うちのシグに何してくれとんのじゃぁ!;ちなみにどこに飛ばしたんですか!?」

りすくま「健康ランド」

りんご「相変わらず思考が全く読めないおクマだ」

ウィッチ「でももう少しで五寸釘が手から離れそうですわ!!」グググ

フェーリ「ま、負けないわ……私は勝つのよ……勝って、今も見てくれているはずの先輩に良いところを見せて!」

フェーリ「そうして私達は運命的に結ばれるのよ!!」ゴゴゴゴ

ウィッチ「Σ!?;な、なんなんですのこの子!?;ブラックホールを覇気で消し飛ばしましたわ!;」

りんご「しゃーねぇ!;フェーリはこういう奴なんですよ!;しかしまずい!ユウレイ隊、急げ!」

ユウ「まっかせー!マッカーサー!!」スッ

レイ「……ちょっとお手を拝借」スッ

フェーリ「舐めないことねユウレイども。私は除霊のエキスパートでもあるのよ!『クワドラント』!」

ユウ・レイ「「」」スゥーー

りんご「Σああっ!;ユウレイが一瞬にして成仏させられたぁ!?;これは今後のぷよキュー的にも大変まずいDEATHよ!;」

アミティ『なんか攻防がめまぐるしいが一瞬にして2vs2になりました!;どうなるんだこの試合!?』

りんご「ぐぐぐぐ!;ぐぐ!;まずい!こりゃぁ~まずいぜよ!;やばい方の二人が残っちゃいました!;」

ウィッチ「り、りんごさん!;なにか指示を!あるんでしょう!?この状況を打破する作戦が!」

りんご「う~ん……;こうなれば、女二人ですしスタジオジブンウリ戦法しか……」

ウィッチ「ちょっと!?;思考回路が最悪すぎますわよ!;もういいですわ!『ミルキーウェイ』!」

フェーリ「鬱陶しいわ!ぷよみたいに消えなさい!『クロノクレーター』!!」

りすくま「星の魔法がぶつかりあって大変きれいだ。写真にとってインスタグラムにあげるとしよう」パシャ

フェーリ「Σあんたは何をやってんのよ何を!;」

りんご「あ!ひらめいた!天才主婦がひらめいた!」チーン

ウィッチ「な、何か浮かんだんですの!?;早く!」

りんご「フェーリ!ちょっと話があります!レムレスに関わる重大なことです!」

フェーリ「え!?先輩に!?な、何よ!」ダッ

りんご「速いな!;実はですね、ごにょごにょごにょ………」

フェーリ「………」

りんご「ま、そういうわけで。よろしくお願いします」

フェーリ「わかったわ」


スッ(フェーリがおもむろに懐を漁る音)

バサッ(白い旗を取り出す音)




フェーリ「サレンダーーーーー!!」バァン


アミティ・レムレス「「Σ!?!?;;」」

tn5.png


ウィッチ「……りんごさん、一体何を吹き込んだんですの?;」

りんご「レムレスの全裸写真を大量に手に入れたので欲しかったら降参してくださいと言いました」

ウィッチ「あんた最低ですわ!;」

りんご「まぁまぁ、手に入れたのは事実なので」

ウィッチ「Σそっちの方が問題ですわよ!;」





アミティ「さぁー!さぁさぁ!;すでにぷよキュー史上最長話をゆうに更新しているがいよいよ決勝です!;」

レムレス「すごいねー、ここにきてまだ最長を更新していくとは……;」

アミティ「最終試合はSKERvsRWSYだ!勝つのはラスボスチームか!?知性あふれるチームか!?」

SKER『それだと俺(僕、私)たちが知性無いみたいじゃないか!;』

アミティ「………;さぁやっていきましょう!最終試合、スタートだーっ!!」




りんご「さぁ!相手はラスボスチームだ!もう全弾出しきらなきゃ勝ち目がありません!行きますよザーボンさんドドリアさん!」7,7,7

セブンズベルト「スタンディンバーイ……」

りんご「変身ッ!!」COMPLETE

ラフィソル「ん?何だあれは?あいつは仮面ライダーか何かか?」

シェゾ「まぁ、そんなもんだ。臆するな、弱い星の一般人が俺たちの世界の一般人になっただけだ!行くぞ!」ダッ

りんご「Σんなベジータみたいな罵倒ないでしょうよ!;あまり私の発明品を舐めないほうが良い!」ダッ

シグ「いくのかー」

りんご「とりあえずシグ、指示通りに!レイくん!サイレントトラップを敵の周りに!」

レイ「……サイレントトラップ~」ドドドド

シェゾ「ちっ、地雷か……だが前のチームと違って俺たちは全員遠距離攻撃ができるぞ!『サンダーストーム』!」

りんご「知っとるわ!;本命は別にあるッ!ハァァッ!!」ダンッ

アミティ『Σと、飛んだ!;あのりんごがサンダーストームをハイジャンプで避けた!;すごいスーツだ!』

りんご「上をとった!レッツボマー!みんなもやってみよう!」ポイポイポイッ

セブンズボム「「「やあ」」」コトッ

シェゾ「うおおおっ!?;こ、これは確か時限爆弾!しかも大量に!」

りんご「えーと、そうですね。10秒後くらいにしときましょうか」0,1,0,enter

セブンズボム「ステンバーイ…ステンバーイ…」ウンウンウン

クルーク「こ、これだけの爆弾が10秒後に一斉爆発するの!?;まずいよ!どうする!?」

シェゾ「ぐっ、逃げようにもサイレントトラップのせいで逃げられん……これが目的か!;」

りんご「いえ、まだです!私はあなたたちが『どこへ逃げようとも』必ず仕留める布陣を完成させるのだ!ウィッチ!」

ウィッチ「いってみよぉ!『シューティングスター』!」ゴゴゴゴ

エコロ「うわぁ!?;僕たちの周りに無数の隕石が!;……って、周り?」

ラフィソル「ここにいれば直撃はしなさそうだが……代わりに時限爆弾が迫ってくる!;」

りんご「これはその場所からX,Y軸に動いた時にサイレントトラップ+隕石で大ダメージを与えるためと、
     Z軸に逃げようとした時に隕石で迎え撃つための布陣!そして!」バッ

シグ「……シッド、アシッド、アシッド……」ゴゴゴゴ

シェゾ「お、おい……;あいつ何やってんだ……」

りんご「残るパターンの『そこから動かなかった場合』!爆弾+シグのハイドレンジアが直撃するんですよォーッ!!行けぇ!」

シグ「アシッド!『ハイドレンジア』!!」ゴッ

セブンズボム「スリー…ツー……」

クルーク「ど、どどうしよう!?;逃げれば隕石とサイレントトラップが、逃げなきゃ爆弾とハイドレンジアが!;」

エコロ「この間わずか0.2秒!;」

シェゾ「いや……まだ手はある!ラフィソル!」

ラフィソル「な、なんだ!?」

シェゾ「お前の魔法でシューティングスターを少しでも相殺してくれ!エコロ!俺を乗っ取れ!クルーク、本を俺に!ラフィソルは、できれば唱え終わったらすぐペンダントに戻れ!」

クルーク「な、なんだって?」

シェゾ「いいから速く!」

エコロ「お、おう!」

ラフィソル「よくわからんが、わかった。ドミネーションズ!!」

セブンズボム「ワン……ステンバーイ…エクスプロージョン」


                 .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
          , .;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
    ,. ; ,+X'∴゙.':;:;::;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.x ;、 、
   +:'、+     .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   +、', 、
  ゙,∵,、      .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   , +,∵
   ` ∴',+:; . , .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.    , +: ∵
      `'∵',+'∴; ,:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:, . , ;  + ;∵ '゙
         ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "
            .:;:;:;:;:;:;:.`^ ゙..゙  ^ ".:.: ^ ".:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                   .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....




りんご「や、やったッ!消し飛んだぞ!やはり吉良吉影は無敵だ!」フハハ

シグ「そんなにうまくいくかな~」

りんご「行ってもらわないと困りますよ!;ウィッチには魔力のほぼすべてを使ってシュスタってもらいましたし、シグももうからっけつでしょう」

レイ「……ぼくも、大量の地雷設置で殆ど魔力なし」

りんご「まぁでも、サクっと仕留められてよかったですね。やはり超火力でぶっ飛ばすのが一番気持ちええんじゃ!」

ユウ「そうだね。ところでりんごちゃん……」

りんご「ぬ?」

ユウ「フェイクスピーチ」

りんご「な

ドゴオオオオオ


アミティ『こ、これは!?;どうなってるんですか!?;だ、誰が生きてて誰がやられてるんだ!?』

レムレス『う~ん、とりあえずシェゾとクルークはノックアウトになったみたいだね。りんごも今ので倒れたから……』

ユウ「まったく、シェゾってば無茶やるんだから……でもナイスガッツ!男だったぜ!」

ウィッチ「全くだな。身を犠牲にして私たちを乗っ取らせるとは……」

シグ「な、なにっ……ゼアノート!?;」バッ

ダークユウ「じゃ、そういうわけで!もう魔力ないんでしょ?ボクたちの執念の勝ちだ!」

あやしいウィッチ「というより、シェゾの執念勝ちだな」

レイ「………なるほど。憑依組が僕たちの仲間を乗っ取ったんだね」

ダークユウ「そのとおり!ラフィソルちゃんは残念ながらペンダントに戻るのに間に合わなかったみたいだけどね」

あやしいウィッチ「一応、便宜上はクルークがノックアウトしてるから我チームの生存者はエコロ一人だな」

ダークユウ「え、そうなの?;じゃあ急いでこいつらを倒

レイ「僕の姉を乗っ取ったんだね」

ダークユウ「えっ」

レイ「僕の大事な大事な姉を乗っ取ったんだね」

ダークユウ「えっ」

レイ「知ってるか……バオウ・ザケルガは心の力を使えば使うほど威力が強くなるんだよ」

ダークユウ「えっ」

レイ「レストインピースッ!!!









レイ「……君たちの敗因はたったひとつ」

レイ「お前は 僕を 怒らせた

シグ「かっけぇ……」パチパチ

tn6.png










終われ
長過ぎる。馬鹿か。半日以上費やしました。
地の文無しでバトルってどう書けばいいのか8年前から全くわからない。
『とにかく大連鎖タイプ』にあくまを忘れていました。すみません。気づいた時には書いちゃってたんで……
後実際のメテオストライクにそんな効果はありません。念の為。